« 卒業生からのメール | トップページ | 大会前日!0614 »

2008年6月15日

クリーンディーゼルとオートマチック

先日移動中に自動車雑誌を見た時のことです。その一部内容に驚きました。

それは先日購入したフォレスターと並び購入を検討していた新エクストレイルのディーゼル仕様車についての記事です。

モーターショーを始め、色々な雑誌でもピックアップされている日産のクリーンディーゼル。その日本第一号のエクストレイルの発売が今年の10月頃らしい。ふむふむ。これは予想通り。注目は次の文章でした。

「月間販売目標200台。マニュアルのみの販売。」

えっ?2、200台ですか…?桁が違いませんか?

販売目標にも驚きましたが、オートマチックが先送りのマニュアルだけの販売とは…。マニュアル派の私には歓迎ですが、世の中オートマチック車に変わっているのでしょ?本当に驚きの記事でした。

この詳細については後のページで細かく説明が記載されていました。要するに、今回の高性能ディーゼルエンジンの機能を充分に生かす為には現状のオートマチックでは問題があり、単純に今のエクストレイルに移植すればOKという訳ではない様なのです。

世界が注目している「クリーンディーゼル」には日産以外にもホンダやスバルも取り組んでいますが、新しい排ガス規制もクリアし、快適な運転を提供するというのは大変な企業努力が必要だということなんですね。

既に海外で走っているエクストレイルのディーゼル仕様は評価が高く、個人的に運転してみたい車です。しかし販売が10月となるとまだ少し先の話しですね…。まずは無事に発売に至ることを祈りたいと思います。

|

« 卒業生からのメール | トップページ | 大会前日!0614 »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒業生からのメール | トップページ | 大会前日!0614 »