« CALPISソーダcup | トップページ | ♪富士美〜かき氷はまだでした。 »

2008年6月19日

ドラマ 監査法人

最近 テレビネタが増えているような気もしますが…
そのくらい話題にしたい番組がありますね、、、特にNHKが頑張っていますね。

先週の土曜日から始まった 土曜ドラマ 監査法人(午後9時から、全6回)

監査という固い話題ですが、ちょっと面白いですよ。
会社勤めの人は、経理/財務畑でなくても興味深く見れると思います。

番組のあらすじ/みどころの詳細は番組HPに譲りますが、企業寄りのぬるま湯監査派と厳格監査派がいる監査法人で働く 主人公、若杉が厳格監査を押し進めようとする中での軋轢や苦悩を描いているようです。

第1回は銀行からの融資を受けるために、長年売上げを水増ししてきた建設会社が舞台
架空売上げを疑う若杉に、社長が接待漬けを試みたり、下請けを総動員して粉飾を隠そうとしてついに死者まででてしまうことに。。。
場合によっては犠牲者を出したり、会社を倒産に追い込む厳格監査に主人公が疑問を感じるところで終わっていました。

次回以降が楽しみです。

このドラマ、オリジナル脚本ですが、番組予告編を観ている時から”もしや原作はこれでは…”と思っていた本があります。

山田真哉著の ”女子大生会計士の事件簿”
大学生ながら会計士の資格をもつ主人公 萌 と新米会計士補 カッキー の二人が会計監査を通して粉飾決算の種明かしをしていくストーリー。
読み進めていくと会計のイロハがわかるという人気シリーズです。

萌とカッキーのやりとりも若者らしく明るく楽しげだし、話題も時流を反映しています。
固定資産償却やら簿外帳簿…などなど、新社会人が読めば、決算とは、会計とは…がわかります。

NHKのドラマはもっと重い雰囲気があり、”女子大生…”が原作ではなかったのですが、やはり監修に山田真哉さんが入っていました。
女子大生会計士シリーズはこれからドラマ化されるようです。(作者 HPより)

ニュースでは良く耳にする ”会計””監査”という仕事、今までなかなかドラマ/小説にならなかった分野です。
数字は苦手…、会計は苦手…、という方にもおすすめ ドラマ & 小説です。

|

« CALPISソーダcup | トップページ | ♪富士美〜かき氷はまだでした。 »

兄貴・ガールのおすすめ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CALPISソーダcup | トップページ | ♪富士美〜かき氷はまだでした。 »