« 新チームの構想 | トップページ | 芦ノ湖の朝 »

2008年7月13日

週末練習0712

第2回目の新チーム週末練習は今年一番の暑さの中行われました。

今回の練習は先週行った基礎メニューのレビューから入り、メインとしては「トップスピードで走る」ことを最大の課題としました。

当然これ以外にもディフェンスでの距離を詰める練習やボールチェックの練習など行いましたが、中でも自分の持てるトップスピードを出し切ることを表現してもらうことから、それを速攻でのベースにしてもらう意識付けとしました。

男女1年生の多い今期のチーム。つい数カ月前までは小学生だった彼らは、きっと両親や祖父母からの愛情を一杯に受けてぬくぬくと育ってきたのでしょう。

それはそれで良しとしても、これから「大人」に成長していく彼らは自分自身で考え・行動していかなくてはいけません。

今回はそんな彼らに「全力疾走」でボールを使いながら、考えてプレイすることを実践してもらいました。

更にエンドからの速攻における「3人の動き方」という、パッシングゲームで使用するチームプレイの基礎部分を練習してもらいました。

3年生が現役の時にはコートサイドでただ見ているだけの数カ月でしたが、実際にやってみると先輩達の様にスラスラと出来ません。ただ「見る」ことから実際に「自分で表現する」ことの難しさを感じた1年生達だったことでしょう。

そんな悪戦苦闘する1年生はさておき、2年生らは「やる気」からハツラツとしたプレイを見せました。特に女子部の部長である木場と副部長の間宮はお互いセンターポジションでありながら、トップスピードでの2メンではガード並のスピードでシュートまで持ち込むことが出来、上級生の意地を見せました。

練習最後のスクリメージでも男女2年生らは指示を掛け合うながら、それぞれのやる気を見せてくれました。ただし、1・2年生混成チームでの対戦の為に、ドタバタとした展開が多く、バスケットボールらしくなるにはまだまだ時間がかかりそうです。

それでも先週よりも細かな部分で「成長」が見れた今週の練習。次回が楽しみです。

※個人名は変えてあります

|

« 新チームの構想 | トップページ | 芦ノ湖の朝 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新チームの構想 | トップページ | 芦ノ湖の朝 »