« ♪Dieci(ディエーチ)でランチ | トップページ | 週末練習0726 »

2008年7月27日

☆裸足が気持ち良い〜

裸足が気持ち良い季節ですね〜

というより、裸足にでもならないと、この暑さ凌げません…

こちら湘南地区ではGWを過ぎると、老若男女問わずサンダル履きが急増
去年はクロックスばかりでしたが、今年はビーサン派がやや多いかな。

私も外はほとんどサンダル履き、家の中もスリッパなしの裸足で歩き回っています。
無垢材の気持ち良さを足裏で実感しています。
床材の拘ってよかったぁ〜。

我が家は玄関ホール・階段・洗面所・トイレがパイン、LDKがオーク、寝室がメープルと3種類の床材を採用
今夏は素材の違いを足裏でしっかり感じてます。

柔らかさの順でいえば、パイン、メープル、オークの順ですね。
足裏/足首で硬さの違い、結構はっきりと感じます。

LDK(オーク)からホール(パイン)にでると足首の緊張感がすっと和らぎます。
足を着いた時に床から受ける衝撃が違うんでしょうね。
LDKがしっかり床を踏みしめていることに比べ、ホールはあまりそのような感触はありません。

そしてホールが床板の反りが一番顕著にでている場所でもあります。
幅広17cmということも影響しているのでしょうか。
それぞれの板でその反りの具合も違うのですが、その感触も足裏には良い刺激です。
同じパインでもニス塗装をしっかりしてもらった洗面所やトイレはそれほど反りがでていませんね。

また凹み傷も数カ所。
物を落としたり、掃除機が不注意で当ったり…スリ傷より凹み傷の方が付き易いです。

兄貴がテーブル・椅子の脚痕が付かない硬い床材を、と拘ったLDKのオークは確かに硬い。
それでも複合フローリングほどの硬さや冷たさを感じません。
そして、もちろん床の傷はLDKでは見当たりません。
やっぱりオークは硬いんですね。
1日裸足でLDKにいたら、ちょっと脚が疲れてしまうかも…

パインのような反りを感じませんが、板と板の高さに微妙にずれが生じてきている箇所が少し。

そして、中間の寝室メープル
ベッドから降りた時の感触が結構好きです。
歩き回る部屋ではないので、感触が良く、でもベッド痕が残らない…という意味では良い選択だったと思います。

反りや板の高さのずれは今のところありません。

メープルは大好きなブセナテラスの部屋をイメージして、ややニスの入った濃い目の色で塗装をしてもらいました。
寝室は寝具からでるホコリが多く目立ち、毎日の掃除機で擦り傷は多数。。。(傷は表面塗装部分のみと思いたい)
パインのような凹み傷は今のところできていません。

メンテナンスは掃除機と簡易モップ
パイン/オークは自然の色出しをじっくり待とうと入居後ワックス掛けはしていません。

裸足歩きは気持ちよいのですが、当然、足裏が良く汚れます。
それだけが、難点!

床材関係の過去の記事はこちら
☆ホールの床はパイン
☆床材~パインにしなかった理由
☆パインの天井とオークの床


|

« ♪Dieci(ディエーチ)でランチ | トップページ | 週末練習0726 »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪Dieci(ディエーチ)でランチ | トップページ | 週末練習0726 »