« 初練習試合男子0803 | トップページ | カラダスキャン »

2008年8月 5日

初練習試合女子0803

続いて女子の試合が行なわれました。まずはB京6中との対戦です。

スタートは玉城-飯山-西条-木場-間宮。男子同様マンツーマンからの速攻が課題です。

試合開始から玉城・西条・木場がリズム良く速攻を決めて、間宮もゴール下をねじ込むシーンがありました。新チームでの、いきなりの大量得点で勝利した女子チーム。課題はこの後の試合で少しずつ見え始めました。今季の女子は一見スピードもあり好チームなのですが、「基礎体力不足」だったのです。

続くM台中戦ではマンツーマンで付き切れず簡単に失点を許してしまい、徐々に失速していきます。

午後の試合では更に迷走し、ちゃんとレイアップまで行けているのに「あと少し」で届かなかったり、1対1からのステップインで打点が上がらずシュートを落とすなどかなりの「墓穴」を掘ってしまいました。

最終的に全勝で終わった女子チームですが今回の反省を重く受け止め、これからトレーニングに励んで欲しいとおもいます。

ところで今季女子チームには「ジョーカー」が3枚あります。まず最初に田辺姉妹です。姉(2年)はパワーフォワードで妹(1年)がセカンドガード。どちらも高いシュート力が武器であり、ここ一番突き放したい時に出てきて暴れて欲しい選手です。ところがこの姉妹、気持ちにムラがありなかなか計算出来ない所があります。

今回の試合では姉が難しいシュートを決める割にはイージーミスをしたり、妹は甘いディフェンスからファールを連発してはベンチに戻されます。2人で試合の流れを大きく変えられる様な活躍を期待したいところです。

それともう1枚のジョーカー、パワーフォワードの川淵です。彼女は学年一の俊足で、幼い頃から武道に励んでいた為か体幹がしっかりしており今後「化ける」可能性の高い選手です。だが彼女自身要領が良い訳ではなく、練習に出られない日も多い関係で「素人」状態から脱却することが出来ません。

今回の試合ではほんの少しだけ出る機会がありました。瞬間的な動きが速く、速攻に絡んでくれると面白い選手です。

ただ田辺にせよ川淵にせよ、本人が本気になって取り組まないと何も変わらないことでしょう。女子は今週まだ練習試合が組まれています。他メンバーも含めてこの試合での反省材料に対し全力で課題に取り組み、更に高い目標へレベルアップ出来る様に頑張ってもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 初練習試合男子0803 | トップページ | カラダスキャン »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初練習試合男子0803 | トップページ | カラダスキャン »