« 勝沼フルーツ(8/16) | トップページ | ファイナリストの偉大さ »

2008年8月19日

伊調姉妹 引退!

夕方のニュースで流れた 女子レスリングで2大会連続メダルを獲得した 伊調姉妹の引退の報
今日の記者会見でのこと。

ファンならずとも、オリンピックニュースを見ている者には衝撃でした。

多くのオリンピック選手が 五輪後の去就について明言を避ける中、特に姉 千春は ”またシューズを履いて練習している姿は想像できない”とはっきりと語りました。
試合後及び表彰台の清々しい表情に完全燃焼したんだな…とは思っていましたが。。。この時点での引退表明とは、、、

金メダリストの妹 馨も”千春と一緒に歩んできて、千春がやめたら目標がない。”と示唆。

協会長は ”試合直後の高揚した中での話。落ち着いてからゆっくり話し合いたい”とコメント。

競泳の北島選手を始め、競技が終わった直後から選手の去就がメディアの格好の的になっている感があります。
2種目2連覇の北島選手をもっても、今後について明言しなかったというだけで、200m優勝の翌日に引退の文字が新聞の紙面に…

オリンピックに出場し結果を残すことを目標に万全の準備をして来た選手、
今回のオリンピックだけに集中してきた選手
彼らに、試合直後に”これからの目標は?”と質問をぶつけるのは余りにも無神経・無配慮だと思う。

誰だって、オリンピックの舞台に立てたことの余韻に浸りたいだろうし、ひと息も入れたいでしょう。
我々だって、大仕事の後は休暇をとって羽を伸ばしたいと思うのと同じ。
ベストを尽くし完全燃焼しただけ、次への切り替えには時間がかかるのではないだろうか。
一番回答し辛い質問ではないか。

北島選手の平井コーチは、
”選手は皆、北京五輪だけを考えてやってきたし、誰もがこの大会が最後と思って臨んでいるはず。今その質問をしても答えられないでしょう…”とやんわりインタビュアーをたしなめていましたが、そのとおりだと思います。

柔道で3連覇をした 野村選手もシドニーの2連覇後には引退を示唆し、一時海外で柔道とは距離を置いた生活をしました。
しかし、リフレッシュ後は柔道界に戻り、アテネで3連覇!
そんな例もあるんです。

確かに伊調姉妹を含め多くの選手にロンドン五輪でも活躍して欲しいとの期待はあります。
が、今はゆっくり休んで心身共疲れをとって欲しい。

お疲れ様と温かく見守りたい。

|

« 勝沼フルーツ(8/16) | トップページ | ファイナリストの偉大さ »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝沼フルーツ(8/16) | トップページ | ファイナリストの偉大さ »