« 伊調姉妹 引退! | トップページ | ピーポ君? »

2008年8月20日

ファイナリストの偉大さ

現在行なわれている北京オリンピック。仮にオリンピックをスポーツ競技の最終到達ステージとした場合、ここでメダルを取ることや決勝に残ることの凄さとはどの様なものなんだろうと考えてみた。

私など弱小バスケット部の1コーチでしかありませんが、オリンピックの下にはアジア大会があり、国内選考試合があり、関東地区等のブロック大会があり、都大会(都道府県大会)があり、市大会があり…。一般人からみれば同じレベルの選手同士で戦う市大会レベルを越えるのに最初の山があるのが現実です。(競技によっては違いますが…)

小さな島国日本。この小さな国の代表が世界を舞台に戦っているというのは凄いことですよね。

にも関わらずTVを見ていると「メダルの色」とか「メダルの数」ばかりを強調するところを感じます。これを視聴している人達は簡単にメダルを取れるものと勘違いしてしまうのではないか?と思ってしまいます。

ガールともよく話をしますが、決勝まで勝ち上がった人。陸上競技や水泳など7−8人おりますが、この人達は一般のアスリートとも違う「ファイナリスト」であり、その中で最終的に順位をつけると1位だったり2位だったりするだけで、ここに到達するだけでも大変偉大な人達だと思います。

メダルの色なんていいじゃないか!銀や銅で「惜しかったですね」「残念でしたね」なんて、本人は言われなくても分かっていること。どうしてインタビューアーは「頑張りましたね」と努力を讃える様に言えないのか不思議です。

きっと現場ではそう言えない雰囲気やオーラもあるのかもしれませんが、もしファイナリストへ何かコメントをお願いするのならば、彼らの努力と結果をもっと讃えて、気持ち良く帰国してもらえる様にして欲しいと感じます。

オリンピック競技も残りあと少しです。TVでワイワイ応援出来るのがあと少しと考えると寂しいですが、選手並びにスタッフ皆様の頑張りを最後まで応援したいと思います。

|

« 伊調姉妹 引退! | トップページ | ピーポ君? »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊調姉妹 引退! | トップページ | ピーポ君? »