« 生パスタのパステリアオカモト | トップページ | ♪Billsで朝食 »

2008年9月 8日

大学リーグ1週目

もう一つの追っかけである大学バスケチームもいよいよリーグ戦を迎えることになった。

我がチームは関東リーグの3部Aに位置しており、レベルの高い関東リーグなので3部とはいえなかなかのハイレベルだと思います。

対戦方法は3部Aの8チーム総当たり戦で、土日に同じチームと連続して2戦して全部で14試合を行い、ここでの勝ち数で順位が決まります。

そんな我がチームの第1週目の相手は強豪K澤大で、昨年度はコテンパンにやられてしまいました。昨年度とスタートメンバーがほとんど変わらないK澤大。どんな戦いになるのでしょう。

まず1戦目ですが、立ち上がりに固さの見える我がチームは何度もK澤大からドライブを許してしまい、更にこちらのシュートはことごとくリングに嫌われて入りません。

ベンチスタッフから溜息が出る程入らないシュート確率。私が見ている中学バスケでももう少し入るのでは?と思える程の低確率です。

一方のK澤大も接触からパーソナルファールを増やし、選手交代を繰り返すも流れに乗り切れません。しかし我がチームのまずいオフェンスからのカウンターをK澤大は確実に決めてきて、最終的に90−60と我がチームは初戦を落としてしました。

そして翌日の2戦目では4年生を中心に考えた修正点によりいきなり波をつかみます。1戦目ではなかなか出なかった速攻が決まりだし、チームは勢いに乗ります。

だが卓越した個人能力を持つK澤大は3ポイントシュートを武器に追い上げて、試合はシーソーゲームとなります。

どうしても勝ちたい我がチームはマンツーマンディフェンスを強化して、カットプレイやリバウンドからの速攻を出し、交代で出場した選手らも踏ん張ります。

どうなるか分からない第4ピリオドでの展開で、両チームベンチからの指示で1ゴールを争います。

ただ最後に決着をつけたのはK澤大のピックアンドロールからのゴール下プレイでした。こうして最後までシーソーゲームを続けたのですが、最終的に78−76で2戦目も落としてしまいました。

1戦目の敗退からよくここまで気持ちの切り替えが出来たなと感心する反面、結局2敗と言う現実と、最後まで崩れなかったK澤大の強さを感じる第1週でした。

|

« 生パスタのパステリアオカモト | トップページ | ♪Billsで朝食 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

千馬様、コメント有難うございます。
実際2戦目は良い内容でしたし、勝てたら最高のシナリオでした。
個々の選手における能力は相手の方が上でした。接戦の最後に相手が崩れてくれることを祈りましたが、そこは強豪チーム。タイムアウトと選手交代で切り抜けられてしまいました。
しかしまだリーグ戦は始まったばかりです。最後まで戦える様に私もサポートしたいと思います。

投稿: 湘南兄貴 | 2008年9月 8日 18:02

昨晩、大学リーグの結果を見ました。

2戦目、惜しかったですね。
(スコアからの推察ですが)

中学との、両立、大変ですが、頑張ってください。


千葉馬鹿は、
先週発令の定期異動の辞令もなく、まずは、新人戦での都大会出場を目指して、頑張りたいと思います。

投稿: 千葉馬鹿です | 2008年9月 8日 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生パスタのパステリアオカモト | トップページ | ♪Billsで朝食 »