« 大学リーグ1週目 | トップページ | ♪宗達の和カフェ »

2008年9月 9日

♪Billsで朝食

Dsc_4072 ”世界一おいしい朝食”で話題のBills
3月のオープン当初は是非待っても行きたい…と思っていましたが、1時間どころか2~3時間待ちと聞いてそこまでしても。。。と興味が急速に落ちて、すでに半年。
土曜の朝9時頃、フラっと134号線を通ったら、今まで目にした待ち行列がない!
さすがに一時よりは混雑が緩和されたのでしょうか・・・

で、翌日曜日早速出かけて見ました。
お店到着はオープン(9時)の10分前。
やっぱり列は出来ていましたよ。
駐車場はガラガラだったから、電車で来た人が多いのかな?

駐車場について、チラっと触れると、Billsの入っているビル(Weekend House Alley)に機械式の駐車場があります。
しかし、Billsで食事をしても、他のショップで買物をしても無料になることはありません。
合計3000円以上の利用をすると、割引として3時間まで 400円/時間になります。
じゃあ、3000円以上利用しないと??
なんと 1時間1000円の駐車料金でした。

目の前は七里ガ浜のサーフスポット、、、仕方がないかとも思いますが、駐車スペースは思いっきり屋外。
上下3台の機械式ですが、横幅は最近の大き目の車にはかなりきついです。
因みに134号線を挟んだ七里ガ浜駐車場も1時間400円

さて、本題に戻ります

オープンと同時に席に着き、運よく窓側近くに案内されました。
隣のテーブルとは近すぎず、窓からの陽射し、海の眺め、ナチュラルな内装、、と居心地は良いです。

メニューは朝食とランチが同じ1枚にある・・・くらいチョイスは多くないです。
ボリュームが分からなかったのですが、皆さん2~3皿をシェアしているようです、とのことだったので、コーンフリッターとパンケーキを注文
料理のでてくるタイミングは微妙です(笑)
見ているとどのテーブルでも取皿がでているし、出来上がった料理から出していいですか?と聞いたので、この時間はキッチンが追いついていないのかな?と思いました。

Dsc_4077コーンフリッター(1400円)
サラダがなかったので、お野菜が多いものということで注文
兄貴曰く コーンのかき揚の間にローストトマトとベーコン、一番上にアボカドが乗っています。
コーンは幸せなほど甘く、ローストトマトも甘酸っぱい。
ベーコンもカリカリですが、一口で食べてしまうと塩辛さがきついので注意です。

Dsc_4079 そしてリコッタチーズ入りパンケーキ(1400円)
噂どおりのフワフワ感、幸せになる甘さです。
パンケーキ3枚にバナナ1本分です。
女性ならうれしくなるおいしさです。
フワフワ過ぎてパクリとお腹に入ってので、食べた感じがしないかもしれません。

もうひとつのBillsの定番 スクランブルエッグは注文せず。
お隣をみるとフワフワの卵にトースト添えでした。
この3品はBills Classisとしてランチメニューにもあります。
卵嫌いでなければ、どれを注文してもはずれはなさそう

女性の朝食なら、2皿でたぶん満足いくボリュームかと思いますが、兄貴にはやや足りないので追加でヨーグルトを注文
ラージ(1200円)で出てきたのがこちら。
Dsc_4085 フルーツのヨーグルト添え・・・って感じです。
フルーツはフレッシュだし種類もボリュームも2人で取分けるには十分でした。
小さいボールのヨーグルトには蜂蜜が入っていて、かなり健康的なスウィート感です。
しかし スモール(800円)の内容はいかに?

ゆったりした空気の中、清潔感あふれる白の食器でほわ〜んとした気分でいただける朝食です
世界一といわれる理由はそこにあるのかな?
飲み物を合わせて、二人で6000円とお値段的にも非常に豪華な朝食です。
ロケーションもいいし、接客も丁寧で料理の都度取皿とシルバーを替えてくれるので、このお値段も止むなしかも。
ただ朝食のコーヒー(紅茶)はお代わりOKにして欲しいと思いました。
マグではなくコーヒーカップの量にもコーヒー党の私としては不満でした。

料理が全体的に軽くてガツンと食べるメニューでない(ハムやソーセージの肉類なし)ので、女性の集まりならノリでOKかと思いますが、男性にはこの値段にしては満足度が低いかもしれません。
我が家でも友人の接待用かな・・・なんていいながら帰宅しました。

|

« 大学リーグ1週目 | トップページ | ♪宗達の和カフェ »

湘南大好き♪ 藤沢♪」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ1週目 | トップページ | ♪宗達の和カフェ »