« ☆照明の高さと暑さ | トップページ | 興奮の週末 »

2008年9月16日

パス能力の育成の為に

先日の週末練習では夏季大会の反省を考慮した練習を行なった。

その中でも「パス能力」を重視した練習を多く入れて、長期的な成長を視野に入れた練習を継続しようと考えています。

いつもだと練習の終わった帰り道などでその日の練習内容を反省しながら帰るのですが、大学のリーグ戦が始まった関係でなかなかタイムリーに頭の中を整理することが出来なくなりました。

そんな大学の試合も無い祝日の昼間に、改めて週末に練習を行なった内容をレビューしてみた。

特に頭に残ったのは「マシンガンパス」と呼んでいる3人1組で行なうパス練習で、決められた時間内で実践した後における選手の状態や動作を思い出した。

30秒という決められた時間内でのクイックパスの練習でしたが、男女共に腕や手首が疲れた…というような動作を多くの選手達に見られた。これは私が求めているレベルのスピードに達していないものであったが、これまで集中してクイックパスの練習をしてない為か多くの選手が疲労感を動作で表現した。

これが見られない選手もいたが、これは何度もパスミスをしてはボールを取りに行くという無駄な時間ばかり多く、本来行なって欲しい練習が出来ていない状態でした。

このマシンガンパスは短い距離と少し長い距離の2パターンで行い、日々実践してもらうことによってパス能力の強化に繋がり、少しでも試合中に強く速いパスが出せれば良いと考えています。

またロブパスを使った2メンも実践しましたが、スナップが弱い為に1年生の女子などは前にパスを放ることが出来ません。初心者軍団の1年生達ですから今は仕方ないですが、「私には向いていない!」と簡単に諦めたりしないで、我慢強く取り組んで欲しいと思います。

このパス能力が向上すれば速攻を中心とした展開のレベルが上がり、セットオフェンスでもターンノーバーが減ると考えています。シュート決定率の低さも大きな問題ですが、パス能力向上に伴い必ず良い方向に向かうと思います。

是非選手達も根気強くこの課題に取り組んで欲しいと思います。

|

« ☆照明の高さと暑さ | トップページ | 興奮の週末 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆照明の高さと暑さ | トップページ | 興奮の週末 »