« 勝沼フルーツ(8/30) | トップページ | ♪夏最後に…かき氷 »

2008年9月 4日

リーグ戦直前の練習にて

気力・体力の低下を感じる様になった最近は、すっかり中学バスケ専門コーチになってしまいましたが、リーグ戦を今週末に控え、私もスタッフの一員である大学チームの練習を見に行った。

この時期の練習になると試合に出る(ベンチ登録される)メンバーとそうでないメンバーは別々に練習することが多くなり、自然とテンションにも大きく差が開いてきます。

ただ、別に練習するといっても、隣のコートで全く同じメニューを行う訳なので、「別々」という表現には問題あるかもしれません。

しかしながら、Bチームに所属しているメンバーには4年生が何人かおり、彼らは今年が現役最後の為に心境は複雑でしょう。

これは私にも経験があります。Aチームとは目に見えない線が引かれ、ここから向こうがチーム本体。こっちが同好会かな…という様なひねくれた気持ちになったものです。

リーグ本番前でたまにしか現れないスタッフが小言を言うのはいかがなものかと思っていましたが、BチームからAチームに昇格して頑張っている4年生数人には、何かアドバイスしたくなる自分を抑えられません。

そこで彼らにちょこっとアドバイスすると、次にBチームで沈みかけている4年生にも声をかけます。

ある者は完全に凹み切っていて、話をしても良い反応を得られません。また別の者も雰囲気が沈みがちだったので練習内容(シュート練習)のアドバイスをしたところ、沈み切っていた瞳の奥に、ほんの少しだけですが明かりが灯り、表情も少し明るくなりました。

この時期にBチームにいる自分自身が不安で仕方なかったのかもしれません。なんの力にもなれませんが、スタッフとして彼らに接することにより、何かプラスに繋がれば幸いに思います。

|

« 勝沼フルーツ(8/30) | トップページ | ♪夏最後に…かき氷 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝沼フルーツ(8/30) | トップページ | ♪夏最後に…かき氷 »