« メンタルの弱さ | トップページ | 平井コーチ »

2008年9月 1日

夏の反省材料

まだ新チームは立ち上がったばかりですが、今回の夏季大会の敗退については正直チームスタッフ一同肩を落としてしまいました。

しかし次の新人戦まであと1ヶ月半あります。途中テスト期間が入るので実質1ヶ月といったところですが、そこまでにまず1つでも修正出来るところを修正したいと考えています。

そんな時、アシスタントのS井君より男女試合データが送られてきました。

まず男子の内容についてですが、正直ガード陣の力不足を感じるものが多く、基本的にシュート本数自体少ないのが現実です。エースである北沢以外のシュート数及び決定率アップが必須です。

そしてガードを中心としてミスプレイが目立ち、シュートで終わっていない現実がここに表れています。

彼ら自身が建てた目標には「大量得点を取る」とあります。どうやって達成出来るかを必死に考えてもらい、それに対して行動してもらいたいと思います。

また女子の数字については、改めて「自滅」を感じる内容を見ることになりました。

選手各自のシュート決定率については、ベンチが要求しているレベルに到達しており、逆に対戦相手の決定率は我がチームに及びません。

しかし我がチームは大きなターンノーバーの山を築いてしまい、1回の攻撃におけるミス率が50%を越えるという酷いものでした。

こんな内容では勝てませんが、良い数字(決定率)もあったので少しホッとしました。

新人戦迄に修正すべき内容については基本動作やパス力、シュート力など沢山ありますが、2学期からはしっかり走り込みを行い、相手に走り負けない体力を養成してもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« メンタルの弱さ | トップページ | 平井コーチ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンタルの弱さ | トップページ | 平井コーチ »