« リーグ戦第7週1戦目 | トップページ | 携帯が…車に轢かれました。(≧д≦)。 »

2008年10月20日

新人戦女子2回戦

先週の1回戦を快勝して勝ち上がった女子チーム。今週2回戦を戦います。

対戦相手は第2シードのS中。夏のクリニックの日に1度ミニゲームをしましたが、その時にはイージーミスを繰り返した我がチームが競り負けました。

あれからお互い2ヶ月が経過し成長したと思います。我が女子チームが掲げた目標をクリアする為にも絶対勝ちたいこの試合。今期の女子チーム、最初の試練といえます。

試合は玉城・飯山・西条・木場・間宮で、マンツーマンで入ります。

お互い固いスタートの中、S中が先制します。我がチームとしては激しいマンツーマンからの速攻と4メンアウトでのセットオフェンスで勝つ予定でした。しかしオフェンスがスムーズにいかない玉城と木場がそのストレスから相手選手と接触。これをすかさず(ファールで)吹かれてしまい1ピリは我慢の展開となりました。

「1ピリは我慢だ。今は堪えろ!」ベンチから大きな声を出して激を入れますが、厳しい立ち上がりです。

リザーブで出た田辺姉妹も頑張りますが、PG玉城とC木場の穴を埋めるのは簡単ではありません。

2ピリでも食らいついて接戦になります。玉城が速攻からシュートを決めると相手ベンチがざわめきます。昨年度から試合に出ている玉城は既に他のチームからマークされています。そんな時に飯山や西条が暴れられると玉城の負担が軽くなり、一気に波に乗れるのですが、中途半端な攻撃で逆に突き放されてしまいます。

前半終了してロースコアの19-10と9点ビハインド。これはまだ追いつけるスコアでした。ところが3ピリではミスプレイから集中力が切れてしまい、30-16とその差が開いてしまいます。

暗い顔をしてベンチに戻るメンバー達に激を入れる。

本当に勝つ気があるのか?ここまで何の練習をしてきたのか?何故やろうとしないのだ?我々の武器とはスピードではなかったのか?4メンアウトでは、まず縦方向へのパス&ランが最優先だ!これが出来ない時に逆サイドへ素早く展開。これをここで徹底せよ!

激を入れられても表情があまり変わらないメンバーに不安がありました。しかし彼女らにも「意地」があった様です。これまで見られなかったアグレッシブなディフェンスでS中にプレッシャーを与え、その得点差が縮まってきました。

課題の4メンアウトでもパス&ランの展開で得点したり、飯山の連続3Pシュートが決まり6点差まで詰まります。

しかし残り1分を切ったあたりで脚が止まってボールマンプレッシャーをかけられなくなり、当然S中はストーリングで時間を消化します。

こちらから仕掛けろ!ボールマンへ近寄れ!もっとプレッシャーを与えてボールを取れ!いけー!

ベンチからだけでなく、応援席にいる父兄や男子部員からも声が上がります。

本気になるのが遅過ぎた女子チーム。最終スコア32-26で無念の2回戦敗退となりました。

全く収穫の無い敗退ではありませんでしたが、負けられない試合に負けてしまった事実を彼女らには簡単に流してもらいたくありません。今は負けた悔しさをしっかり見つめて欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« リーグ戦第7週1戦目 | トップページ | 携帯が…車に轢かれました。(≧д≦)。 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーグ戦第7週1戦目 | トップページ | 携帯が…車に轢かれました。(≧д≦)。 »