« 箱根予選会 | トップページ | 新人戦女子2回戦 »

2008年10月19日

リーグ戦第7週1戦目

長かったリーグ戦も今週が最終週となります。

ただ今週も中学バスケ新人戦の関係で1戦目しか見ることができません。

最後の相手は先週まで2部との入れ替え戦の可能性のあったR教大です。大型で身体能力の高い同校は強敵です。どんな展開になるのでしょう。

立ち上がりシューターの3Pが綺麗に決まり5−0とリードします。

これはいけるのか?そう思えた立ち上がりでしたが、これ以降我がチームの外角シュートはことごとく外れ、R教大インサイド陣に一方的に攻め込まれてしまいます。

その後メンバーを代えても外角シュートは全く決まらず、前半を57−28と大きくリードされてしまいました。

後半は改めてマンツーマンで上からプレッシャーを与え、持ち前のスピードからようやく点差が縮まってきますが、一気に詰める程の勢いに乗ることができません。

4ピリに入るとR教大は4年生のリザーブを投入してきて「引退試合」の雰囲気になってきますが、これをチャンスとして我がチームは短い時間でしたがプレスディフェンスで差を詰めます。

だが結果はむなしく、最終スコア97−83と惨敗。

これにより已然我がチームはリーグ降格の危機と背中合わせ状態が続きます。明日の最終日で一つでも勝ち星をあげて、4年生らには笑顔で引退してもらいたいと思います。

|

« 箱根予選会 | トップページ | 新人戦女子2回戦 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根予選会 | トップページ | 新人戦女子2回戦 »