« 反省練習1025 | トップページ | 内臓年齢 »

2008年10月27日

大学新チーム起動

先日までリーグ降格の恐れがあった大学バスケチームだが、その後3部A残留を決めることが出来た。いやはや…本当に良かったです。

このリーグ戦を最後に4年生らは引退し、チームは3年生をリーダーとしながら新チームとして起動することになった。

このタイミングにK奈川リーグの秋季大会が始まり、今日26日に新チームとして最初の試合が行われることになった。

話は少しそれるが、K奈川リーグというだけあり試合会場も県内の大学が多いです。しかし良く使われる会場は繁華街の大学ではなく、自然が豊富で環境の良い…かなり郊外にある大学が多いです。

今回の会場も最寄り駅からはバスで20〜30分位かかり、気分は小旅行ですが、車で移動する私にはドライブタイムとなり、そこそこ楽しめる時間だったりします。部荷物の多い学生は大変でしょうね。

さて新チーム最初の相手はB教大です。相手も新チームなのかコートでアップをする人数が8人位とマンパワー的に少々厳しい感じがします。

これは試合が始まると更に厳しさが際立ちました。どんどんメンバーチェンジをして元気なメンバーが出場する我がチームとは対象的に出っ放しのB教大。1ピリはまだついていく気力がありましたが、2ピリではかなりお疲れモードに…

前半でほぼ勝負はつきましたが、後半我がチームはパッシングの課題を与えて試合に入ります。

あまり練習のしていない課題で心配でしたが、Aチーム主体の時にはかなりスムーズに速攻が出て、フリーで攻めさせるより良い内容となりました。しかしBチーム主体となるとパッシングを意識し過ぎてぎこちない攻撃になることもしばしば…。ベンチに戻ると選手同士で話し合います。

とりあえず新チーム最初の試合は登録メンバー全員出場にて快勝と幸先良かったと思います。新リーダーとなる3年生達にも今期におこる意気込みを感じられ、これからの活躍を期待したいと思います。

|

« 反省練習1025 | トップページ | 内臓年齢 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 反省練習1025 | トップページ | 内臓年齢 »