« 新型キューブ登場! | トップページ | 準決勝に勝利! »

2008年11月24日

週末練習1122

文化祭や期末試験などの学校行事を終え、ようやく中学バスケチームは練習再開となった。

今週の練習では改めて試験休み前の練習のレビューを行い、これにマンツーマンディフェンスの練習をいくつか行ない終了した。

久々の練習でピントの外れた内容にならないか心配でしたが、生徒なりに練習内容を憶えていてくれて余計な時間を費やすことはありませんでした。

ただしその練習における具体的シチュエーションの理解に1年生と2年生では大きな差があり、1年生のパートになると極端にリズムが狂う部分が見られます。

そんな1年生達ですが「練習に取り組む姿勢」は随分と運動部員らしくなり、男女共に積極的にプレイを見せる様になってきました。

前回同様「ポジション・ビジョン・トーク」を意識したディフェンス練習になると男子メンバーが大きな声を出して雰囲気を盛り上げます。この点では女子はまだまだ弱いのですが、1年生の積極性がチームの底上げにつながって来るのではないかと考えています。

攻撃面で課題としている4メンアウトでも「縦につなぐ意識」が確実に作られてきたと思います。今回は2ガード+ハイポストでの3対3をやりながら、ポストへのパス入れとパスの後にスタートするシャフルオフェンスのイメージ練習しました。

プレイの形だけを練習するのではなく、どこを注意して見ることによりこの攻撃からの成功率が上がるかの、具体的ポイントを意識して欲しかったのです。

今は細かな分解練習の反復ですが、今後これら練習を組み合わせて行く中で、試合中のどこで生かされているのかを生徒達がリアルに感じることが出来る様になれば、あとは彼らが自由に伸ばしていけると思います。

その日の為に、今は地道に基礎練習です。

|

« 新型キューブ登場! | トップページ | 準決勝に勝利! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型キューブ登場! | トップページ | 準決勝に勝利! »