« 出来上がり!~刺繍の壁飾り | トップページ | 市民カメラマンも集結?(上尾にて) »

2008年11月16日

大学Bチームの活躍1116

今年も関東リーグ戦の後にK奈川リーグに参戦。最初にいくつかのブロックに分かれてリーグ戦を行ない、その順位によって決勝トーナメントに進める。

昨年度は予選で2敗してしまい順位決定戦しか出られなかったが、今年は予選リーグを順調に勝ち上がり決勝トーナメントまで駒を進めることができた。

そして今週の15日(土)より決勝トーナメントが始まった。

現在の大学チームは3年生が最上級生となり、彼らが決めた方針に乗っ取って試合を進めることになっている。

チームの目標を定め、目標を達成する為の手段や計画について話し合い、これを実行して反省する。このK奈川リームでそれを試せるのとても良いことである。

今回の参戦メンバーは関東リーグで出場していたAチームからスタメンと6・7番目を外した「半Aチーム」を母体としている。よって完全に控え(Bチーム)だった昨年度よりも戦力的・選手層的には厚いメンバーで、土曜のトーナメント1回戦のS南工科大戦は100点ゲームの全員出場で快勝することが出来た。

16日に行なわれた2回戦の相手T蔭横浜大は関東でも4部のチーム。今度はそう簡単には勝てない相手です。

しかし1回戦で「パスの弱さ」を反省課題としたメンバーは、この試合の起こしから積極的なリードパスによる速攻を決めることが出来、予想以上に良い立ち上がりでゲームに入ることが出来た。

だが少し慣れてくると集中力を欠いたプレイからターンノーバーを繰り返し、T蔭横浜大を完全に突き放すことが出来ません。

それでも我がチーム以上にミスプレイの多かったT蔭横浜大。徐々に得点差が開いていき、後半はリザーブの1年生を長い時間プレイさせられるだけの余裕をもって2試合連続の100点ゲームで連勝することが出来ました。

1年生の多い新チームですが、彼らがここで力を付けることにより来季の戦力は確実にアップします。各試合でやるべきポイントを明確にして、確実にチーム強化へつなげて欲しいと思います。

|

« 出来上がり!~刺繍の壁飾り | トップページ | 市民カメラマンも集結?(上尾にて) »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出来上がり!~刺繍の壁飾り | トップページ | 市民カメラマンも集結?(上尾にて) »