« iQですかぁ!! | トップページ | ヘルシオで今度はカキフライ »

2008年11月13日

フィギュアスケートGP

10月末に開幕した フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)

緒戦のアメリカ大会で 男子小塚選手が米国1,2位の選手を押えて ”金”、女子は中野、安藤選手が銀・銅
翌週のカナダ大会では 女子 村主選手が久々のメダルで銀
先週末の中国大会は 安藤選手が銀で GPファイナルへの夢を繋いでいます。

日本選手層が厚くなったので、毎週末 目の離せないシーズンとなっています。

そして、いよいよ 女子のエース 浅田真央選手が今週末の フランス大会に登場します。
最大のライバル 韓国のキムヨナ選手は アメリカ・中国大会の連覇ですでにファイナル進出を決めています。
浅田選手はシリーズ後半の フランスと日本に登場。
キム選手同様、2大会優勝してもらいたいです。

昨シーズン、ステップに磨きをかけた浅田選手はロシアで練習を積んで迎えた今シーズン
表現力が一段とアップし、18歳であることを忘れてしまうような、うっとりとする滑りをする。
もちろん、ジャンプも精度を上げていることだろう。

女王 真央 がどう進化しているか、楽しみ!

一方、男子のエース 高橋大輔選手は 先週末の中国大会直前に右ひざ怪我を理由に欠場を発表。
それだけでもびっくりなのに、続報では 靭帯断絶の可能性も…という大輔ファンならずスケートファンを泣かせる情報が。

現在行われているグランプリシーリーズは中国のほか日本大会の出場を予定していたが、恐らく欠場となるでしょう。
2季連続で2位となって、今年こそチャンピオンをと願っていただけに残念です。

そして、その後検査結果の情報が出てきていませんが、最悪の場合、五輪プレシーズンの今季そのものを棒に振ることになるかも。
コーチ交替という試練の中で新しいプログラムにも挑戦していたという高橋選手には残念なことではありますが、スケートファンとしても心配な事態が起こることに。。。

来年3月の世界選手権での結果次第で翌年のバンクーバー五輪の出場枠が確定するからです。
各国上位2選手の合計順位が13位以内なら3名の五輪出場枠を確保、29位以下だと1名になってしまいます。
果たして高橋選手が世界選手権までに復帰できるのか、できなければ日本勢の成績は・・・

今年3月の世界選手権では高橋・小塚選手が8位内に入ったことで、最大の3名枠が次回選手権に確保されました。
男子の層が厚いとはいえ、やはりエースを欠くのは痛い。
今年の世界選手権で エースが欠場した米国がギリギリ3枠確保だったことを思うと、厳しい戦いが予想されます。

この世界選手権に日本代表として出るには年末の日本選手権で表彰台に上ることが必須。
高橋選手のその後の情報がないが、長期に及ぶ怪我でないことを祈るのみです。

そして、男子準エースに急成長した 小塚選手
週末のフランス大会に出てきます。
アメリカ大会同様の滑りで、GPファイナルの切符を手にしてもらいたい。

がんばれ!日本!

|

« iQですかぁ!! | トップページ | ヘルシオで今度はカキフライ »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iQですかぁ!! | トップページ | ヘルシオで今度はカキフライ »