« 市民カメラマンも集結?(上尾にて) | トップページ | GPファイナル進出は? »

2008年11月18日

伊勢神宮に到達できず 河崎地区へ

全日本大学駅伝観戦のため訪れた 伊勢市 (この時の関連記事は 

Dsc_6372応援後 伊勢神宮の外宮から内宮をお参りする予定だったのですが、内宮までの道路が半端無く渋滞していました。
レースはとっくに終わったはずなのに…
バスで移動中の我々でしたが、バス内はほとんど進まないイライラ感と晴天に恵まれた車内気温上昇で空気がどんより&悪化
気分が悪くなり、内宮目前にしてお参りを断念しました。
(写真は外宮の御正殿、塀の内での撮影は禁止、茅葺きの苔むす感じが厳かです)

代わりに 徒歩圏にある 河崎地区の町並みを観に行くことにしました。

Dsc_6379河崎地区は伊勢市の中心を流れる勢田川の水運によってかつて栄えた問屋街
伊勢の台所として江戸時代に繁栄を極めたそうだ。
今も古い町屋や商家の蔵が残されており、歩いて心地の良い町並みを形成している。
古い家屋は外観はそのままに、内部を喫茶店等の店舗に改装して利用している。
そぞろ歩きにはもってこいの場所です。

東京だとお金をかけて改装して、作られた町っぽくなってしまうところですが、家からは生活感が感じられます。
傾きかけた屋根や補修のされない窓ガラスなど、、、町おこしは大変そうではありますが。

とっても素敵な地区なのに、観光場所としてはまだ認知度は低いのでしょうか。
日曜だというのに、通り行く観光客はパラパラ
大型バスでアクセスできないのもネックかもしれませんね。
でも、おすすめ!

Dsc_6378そして、そして
河崎地区よりほんのちょっとはずれますが、近くでみつけた立派な風情ある店舗
何とも惹き付けられる佇まい。

近寄ったら昆布屋さんでした。
創業明治45年の昆布の酒徳です。
お店の人によれば 三重での昆布専門店はこちらだけとか。。。
隣接した蔵なども立派に維持されていました。
お店の構えだけで、昆布が2倍、3倍にもおいしくなる感じです。

なんとも心地良い散策で、観光名所の伊勢神宮には到達しなかったけど、ちょっと得した気分の伊勢観光でした。

|

« 市民カメラマンも集結?(上尾にて) | トップページ | GPファイナル進出は? »

あしあと@東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市民カメラマンも集結?(上尾にて) | トップページ | GPファイナル進出は? »