« 週末練習1122 | トップページ | 映画化決定~風が強く吹いている »

2008年11月25日

準決勝に勝利!

連休の私には中学バスケ練習の後に大学バスケが待っています。

新チームで臨んでいる大学のK奈川リーグは決勝トーナメントに突入し、我がチームは1-2回戦を突破。今週は準決勝を迎えました。

対戦相手はS蔭大。女子チームは関東の1部校であり強豪ですが、男子チームはそれほどの強化を図っているチームではありません。しかしそれでも集まるメンバーのバスケットに対する気持ちの強さか、例年安定した好チームで戦っています。

昨年度はこのS蔭大に予選リーグにて接戦で敗退してしまった我がチーム。今年はリベンジ出来るのでしょうか?

隣のコートではT海大とK奈川大が並行して準決勝を戦います。どちらもBチームですが、我々とは違いメンバーは大きいし、能力は高いし、こちらが「事実上の決勝」という盛り上がりを見せていました。

ただ我々はこの試合で勝つことを考えるのみです。試合はお互いシュートの入れ合いから始まりました。リバウンドから速攻を決める我がチームに対して、ディフェンスの間合いから確率の高いジャンプシュートを決めるS蔭大。派手さはありませんが確実に決めてきます。

試合の起こしで気持ち良く前にリードパスを出せた我がチームが1ピリをリードしましたが、2ピリではスタートのセンターが足首の捻挫を起こしてしまい退場。センターのリザーブが薄い我がチームは途端に流れが狂い始めます。

そして、S蔭大のセンタープレイを止められない我がチームはファールトラブルに陥り、結局1点ですが得点をひっくり返されて前半を終了します。

元々1年生の出場選手が多い今年のBチーム。上級生が下を向いてしまったら戦えなくなります。

しかしハーフタイムではAチームの3年生がベンチで声を出して励まし、後半気持ちを切り替えて試合に臨むことが出来ました。

センターが居ない分はGF陣が脚で得点を稼ぎます。そしてディフェンスが小さくなったら外角シュートで突き放し、3ピリで大きく差を広げることに成功。最終的に95-74で勝利することが出来ました。

気がつくとコート向いに4年生の何人かが応援に来ており、後輩達の頑張りに喜んでいました。決勝戦は来週です。これで秋季大会は最終戦になるので、選手達には勝負にこだわりながらも充実した試合を行なって欲しいと思います。

|

« 週末練習1122 | トップページ | 映画化決定~風が強く吹いている »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習1122 | トップページ | 映画化決定~風が強く吹いている »