« 重松清~青い鳥 | トップページ | 電話アンケート応えますか? »

2008年12月11日

箱根駅伝 監督トークバトル

Dsc_7398 昨日開催された 箱根駅伝 監督トークバトル を観覧してきました。
昨年は抽選からはずれてしまったので、2年ぶりです。(前回記事はこちら

18時会場となっていましたが、年々混雑が増しているので、1時間半前に恵比寿に到着。
会場に顔をだしたら、すでに待ち列ができていました。
幸いにも暫くしたら整理券を配布が開始されました。

一部報道のとおり12月に入っておきた東洋大の不祥事
箱根の出場はどうなるか、多いに気を揉みましたが、関東学連としては参加を認めるとの裁定
ほぼ毎回トークバトルに出席している川嶋東洋大監督が辞任をした後だけに、今回は盛り上がりに欠けるかと思いましたが、箱根駅伝は凄い人気振りです。

出席した監督は

大八木監督(駒大)、渡辺監督(早大)、川崎監督(中学大)、小川監督(亜大)、上田監督(山学大)、浦田監督(中大)の6名
前大会(今年1月)の上位6校の監督です。

テーマは ”古豪と新鋭、23チームの大混戦”

マークしている大学・選手は誰か、何が優勝への鍵と思っているか、区間配置の構想は??など例年なかなか興味深いコメントがあるのですが、、、

今年は日テレ村山アナのコーディネートのもと、トークバトルというより座談会の様相でした。
話題も選手にどう接しているか、監督として苦労・工夫しているところ、、、
特に亜大・中大は今季着任した箱根新監督なのでその辺のとまどい・苦労話なども。

それはそれで面白いのですが、なかなか 箱根本戦の話題にいかない。
やはり前述の不祥事もあって、監督が苦労しながら選手と接しているってことをアピールしたかったのか。。。
と、私は勘くぐってしまいました。

この日は、箱根駅伝 チームエントリーの日 
(各校のエントリーはこちら、エントリーの仕組みはこちら
各チームエントリーメンバー16名を提出した後のトークバトルでした。
小川亜大監督は主力4年生でも怪我している選手を思い切ってメンバーからはずしたとコメントしていました。
渡辺早大監督もエース竹澤選手が万全でないと報告。
こういう点では隠しても仕方ないと、初期のトークバトルよりはっきりおっしゃる監督が増えたように思います。

Dsc_7403しかし日テレの力の入れようといったら。。。
お土産も 箱根パンフ、コースガイドのほかに箱根駅伝の卓上カレンダーまでありました。
関東学連の青葉会長もスポンサー名(日テレ、サッポロ)を入れて挨拶するなどちょっと遣りすぎの感もありますが。。。(苦笑)

|

« 重松清~青い鳥 | トップページ | 電話アンケート応えますか? »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重松清~青い鳥 | トップページ | 電話アンケート応えますか? »