« 美ら海水族館に行こう!その1 | トップページ | 美ら海水族館 に行こう!その2 »

2009年1月11日

初・週末練習0110

2009年初めての週末練習を行なった。新しい課題も用意してあったので、早速これを導入することにした。

まずはボールキャッチにおけるもらい足と、強い踏み込みから素早く投げるワンハンドプッシュパスの練習をスモールスクエアの状態で繰り返し行なった。

チェストパスなら相手に届いても、片腕で行なうワンハンドプッシュパスでは強いパスが出来ない生徒が多かった。スローする際の踏み込みやスナップの利かせ方が甘いのだと思うが、多くの生徒が利き腕ではない左手でのパスとなるともっとひどい状態だった。

「ハエが止まりそうなスピード」とはまさにこのことだろうか?これでは試合でパスカットされるのは当然かもしれない。

次にプレスディフェンスで引っくり返す為にも、練習の時点で素早いダブルチームが作れないといけない。これはオールコート1対2や2対3で全員が実践することになったのだが、残念ながら未だ生徒達は思い切り実践するのに値しない体力であることが露見した。

まずオフェンスがすぐ息が上がってしまい、ディフェンスを出し抜く為に頭を使うことが出来ない。タイトなダブルチームでないのに、簡単にボールが取れる様では練習になりません。

「うわー!しんどい!」「きつい!」

ディフェンス強化の為の練習だったが、これをレベルアップさせる為には、オフェンス時にガンガンにディフェンスを振り回せるだけの体力を選手各自が持つ必要がありそうだ。

そしてセットオフェンスではこれまで実践してきた4メンアウトに、トップ・オブ・ザ・キー付近でのカーテンスクリーンを導入し、よりペイント付近でのノーマークを作ることに近づけた。

更に普段行なっているダウンスクリーンからのシュートや、ローポストをスクリナーとして活用したシューターシュートを使いながら、2−3ポジションからのオフェンスパターン展開を練習した。

これはFlexフォーメーションの変形なのだが、最後はクロスコートスクリーンを上手く使ったペイントでのシュートを武器としている。

昨年度も行なっているものなので、2年生は簡単に行なうことが出来たが、1年生からすると「未知との遭遇」という表情でスムーズに使いこなせるにはまだ時間がかかりそうだ。

実質2時間少々の中で多くのことを詰め込むのは限界があったが、選手達のやる気で予想以上に進行することが出来た。あとは「継続して行なう」ことが大事であり、特に今日の練習では「体力低下」が目立っていたので、彼らにはこれからどんどん走り込みをして欲しいと思います。

|

« 美ら海水族館に行こう!その1 | トップページ | 美ら海水族館 に行こう!その2 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美ら海水族館に行こう!その1 | トップページ | 美ら海水族館 に行こう!その2 »