« さあ、新たな1年がスタート! | トップページ | #駅伝の怖さか, 面白さか、 »

2009年1月 5日

上には上があるんだなぁ

元旦から始まったバスケットボールオールジャパン。今回は高校1位も枠を一つもらっての参戦ということで、高校・大学・社会人・クラブチーム・JBLが一つのトーナメントで戦うという大変賑やかな大会となりました。

その中で個人的に注目しているのは、私自身も関わっている「大学チーム」がどこまで上位に食い込めるか?ということです。

特に今回の大学チームは、昨年11月末のインカレにて関東2部所属ながら「下剋上」で勝ち上がった2大学や地方大学があり、インカレが終わって1ヶ月程経過した関係で試合感やモチベーションが心配でした。

更に勝ち上がりを見ると「下剋上」で参戦する国士舘大や明治大はそれぞれインターハイ1位とウインターカップ1位との対戦。ただの高校生相手でないだけにどんな戦いをするかに興味がありました。

しかし蓋を開ければ兄貴格である大学チームが持ち味を発揮し、高校チームに完勝。大学生の意地を見せました。

だが大学生もJBLチームが相手となると経験豊富な2m前後のセンターや運動能力の高い外国人プレイヤーによって思い通りのプレイをさせてもらえず、慶応大・青山学院大が粘りを見せたもの惜敗し大学チームは3日目にて全滅…。上には上があるのですね。

具体的課題は外国人プレイヤーに象徴される「フィジカルの強」さや高さから生まれる「ゴール下のプレイ」なのでしょうか…。これは「外国人がいてずるい」ではなく、日本人として「世界の高さ」とどう戦うか?という永遠の課題なのだと思います。

私も中学チームに目を向ければ、悲しい位のちびっこチームです。強豪チームの高さと能力で押し潰されない様に工夫と努力をしていきたいと思います。

|

« さあ、新たな1年がスタート! | トップページ | #駅伝の怖さか, 面白さか、 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

千馬さま
コメント有り難うございます。
オールジャパンで教え子の対決が観られるなんて幸せです。
実は私も観に行こうと思っていたのですが、入場料1人2,500円(ガールと2人で5,000円…)という事実に正直引いてしまいました。もう少し安ければ気軽に観に行けるのですが…
確かに高校生はウインターカップの疲労があったでしょうね。しかし大学生にはもう少し頑張ってもらいたかった!来年に期待です。

投稿: 湘南兄貴 | 2009年1月 5日 23:48

本年も、宜しくお願い致します。

私、バスケ馬鹿は、1月2日から馬鹿ぶりを発揮して、東京体育館へ行ってきました。

注目は、教え子対決のN岡学(⑥)対K士舘(⑧)のガード対決を見てきました。

高校生は、ウィンターカップの疲れがあったような感じがしました。

意外だったのは、大学チームがクラブチーム&社会人に負けた事でした。(S修大学、N本大学)

社会人は、大学生に負けてたまるかと意地が見て取れて、大変勉強になりました。

年末は、バスケ観戦に費やして得た情報を、何とか自チームに指導に活かせれたらと思う今日この頃でした。

投稿: 千葉馬鹿です | 2009年1月 5日 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さあ、新たな1年がスタート! | トップページ | #駅伝の怖さか, 面白さか、 »