« 応援も大変! | トップページ | さあ、新たな1年がスタート! »

2009年1月 3日

#まさに戦国駅伝

第85回箱根駅伝 往路が終りました。

詳細結果はすでに公式サイト、日テレサイト等にでていますが、往路5区間、トップ校から下位順位まで入れ替わりの激しい戦いでした。

また、往路着順 21位までが1位からのタイム差10分以内
明日のスタート時繰上げスタート(タイム差に関係なく一斉スタート)校は2校と例年の5校前後に比べると遥かに少ない。

23校の力が拮抗して、まさに”戦国駅伝”

1区ではお互いけん制し合うスローペース。
トップから19位までが1分以内で襷リレーで、この時点ではどの大学が主導権を握ったか分かりません。
この時点で優勝候補の駒大、日大がまさかの遅れ。

2区ではモグス選手の2年連続区間新というとてつもない記録で、往路は山梨学院大学の独走かと思われました。
また、22位から2位まで順位を上げた日大ダニエル選手の爆走
日本人トップの 中央学院大 木原選手の最後3kmでのダニエル選手とのデットヒート

3区で 学生陸上界トップの竹澤選手が早大を2位、佐藤悠基選手が東海大を3位に押し上げます。
予選会トップ通過校の城西大はエース高橋選手をもっても22位という苦しい展開

4区でトップに立った早大、このまま逃げ切るかと思いきや

5区では山梨学院大が猛追、
早大と山学大がトップ争いをしている間に、東洋大のスーパールーキー 柏原選手がヒタヒタと追いつく
ゴール2km手前でトップに立ち、区間新と東洋大に初の往路優勝をもたらしました。

優勝候補の呼び声高かった 駒大が10位前後がやっとの苦戦
本来なら大ニュースなのでしょうが、この苦戦さえ霞んでしまいそうな出入りの激しいレース展開でした。

我が家は2区と3区で応援。
例年以上に力を入れて、1年間 箱根戦士達を応援してきたこともあって、誰がやどの大学が、、、は関係なく、皆に声援を送りました。

帰宅後録画DVDで再度観戦。
正直 往路だけでかなりヘトヘトです。

それでも、今年は棄権校がなくてよかったです。
天候に恵まれ観戦者には好都合でしたが、選手には暑さとの戦いもあったようです。

明日の復路も、全選手 悔いのない走りをしてもらいたいと願っています。

明日も2区間応援の予定!

|

« 応援も大変! | トップページ | さあ、新たな1年がスタート! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 応援も大変! | トップページ | さあ、新たな1年がスタート! »