« お高いパフェ | トップページ | ☆エコキュート〜現在時刻ずれてませんか? »

2009年3月12日

送別試合090308

実に早いもので、今年も3年部員達の送別試合の日を迎えました。

ついこの間まで一緒に戦っていたメンバーであり、一人一人の顔を見る度に頑張ってきたことを思い出して、正直しんみりとしてしまいます。

しかし今年も多くの父兄達に来て頂き、会場は大いに盛り上がります。試合は7‐2‐7(分)の男女交互で始まりました。

3年男子は磯貝・田端・上田・畑山・川越とスタートが揃いやる気満々。こちらは宮田・近藤・北沢・茂木・渡のスタートで、昨日行った練習試合のテンションを維持しており、お別れ試合とは名ばかりで「ガチンコ勝負」となりました。

チームユニフォームを着て、全力でこのメンバーと戦えるのはこれが本当に最後。真剣な全力疾走を楽しむ3年の伸び伸びとしたプレイに現役は押されます。

インサイドで川越や畑山が粘れば、力強いドリブルで磯貝が運び、田端が3Pを決めれば、上田が抜群のスピードで飛び込み、これを決めます。

練習不足なので確率が悪いのですが、そのオーラは夏季選手権そのもの。応援する父兄も当然盛り上がります。

最初の試合を落とした現役チーム。2本目は北沢・茂木・渡が踏ん張りシーソーゲームに。「負けねーぞ!」と叫ぶ北沢でしたが、最後まで上田を抑えることが出来ず、結局2本共に3年チームが勝利して、男子の試合が終わりました。

一方女子は男子程やる気がメラメラ…という訳ではありませんでしたが、森山・中田・海野・島津・桜木とスタートが揃うと勝手に体が動いてしまうみたいです。

特にインサイドの弱い現役チームはセンター桜木をどうやっても止められません。

そして森山・中田・海野というスピードあるメンバーがボールを運び、森山は華麗な3を決めてはガッツポーズ。PFの島津も気魄のプレイでゴール下を捩込みます。

男子同様1本目を落とした現役女子チーム。あまり笑えません。負けられない2本目は更に気合いを入れマンツーマンからの速攻を狙いますが、海野があっさりカットしたり、桜木が連続してゴール下を捩込んだりとシーソーゲームが続きます。

だが現役チームの速攻が徐々に決まり出し、エースである玉城が3Pやドライブを決めて、最後の最後に現役が勝利を奪い、安心して3年生を送り出すことが出来ました。

試合後には3年生達からそれぞれの進学先を聞きましたが、ほぼ皆バラバラになる様です。中学バスケの3年間には、嬉しいことや辛いことなど色々な想いがあると思いますが、彼らにはそれぞれ新天地にて試行錯誤しながらも、やり甲斐のある生き生きとした高校生活を送ってもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« お高いパフェ | トップページ | ☆エコキュート〜現在時刻ずれてませんか? »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お高いパフェ | トップページ | ☆エコキュート〜現在時刻ずれてませんか? »