« 市総合女子決勝0329 | トップページ | 女王真央 はどこに行ってしまったのか?! »

2009年3月31日

奈良井宿

Sbsh0370 今回の長野旅行、中仙道(そして木曽路)の宿場町 奈良井宿にも行ってきました。

木曽路の宿場町では 馬籠宿、妻籠宿が有名ですが、今回の旅行では一番アクセスの良い奈良井宿をピックアップ!
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、美しい町並みを自負している宿場町です。

当日は生憎の雨
手持ちの折りたたみ傘を心もとなく思いながら、駐車場から宿場町へ。
そこはタイムスリップしたような町並みが。。。
電線がない通りと空なんて久しぶりに見ました。

実に真直ぐな町並みが一歩進むごとに、違う時代へと連れていってくれるような錯覚があります。

写真は雨のため携帯カメラ、、、
いつもの NIKON D40Xでないのが残念ですが、
雨に濡れた町並みはしっとりして風情ありますね。

この宿場町は道幅も広く、生活で使っている方は車を乗り入れています。
が、旅行者に対してはやんわり 車での侵入を遠慮するよう看板が立っています。

国道19号から入る権兵衛橋近くには有料駐車場がありますが、線路沿いを木曾大橋(木製の橋で車は通行不可)近くまで進むと無料駐車場があります。
いずれの駐車場からも線路を越える形で宿場町の通りに通じます。

Sbsh0368 JR中央線の奈良井駅
待合室も含め、とってもレトロです。
時刻表をみたら、1時間に1本以下。。。。でした。

Sbsh0367 町の入口にある観光案内板
約1KMの通りには民宿、土産物屋、お茶・食事処が並んでいます。
(このマップは観光協会のHPからもダウンロードできます)

午前10時頃到着の私達は天気のせいもあって、ほとんど一番乗り。
人通りの少ない通りを歩くことができました。
家屋は古い昔を維持していますが、路面はしっかり舗装されていて、足元の悪い日だったので助かりました。

ほとんどの家が観光客相手のお店で、各家には屋号と苗字の二つの表札がかかっています。
店先の障子(ガラス)戸が閉ざされた廃業されたとおもわれるお宅にも ◯◯◯屋の表札が。
昔はそう呼ばれていたのかナァ・・・と想像を巡らせるだけで楽しいです。

Sbsh0372 通りの途中にある水場
1kmの通りに5箇所もありました。
周囲を山に囲まれているので、綺麗なおいしい水が湧いているのでしょうか?
現在も使われているそうです。

Sbsh0373 お茶処・食事処も思わず中を覗きたくなるような雰囲気。
食事はそば系、お茶は甘味&珈琲でどのお店も同じようなメニューでした。
囲炉裏があるかが売りのようで、店先に”囲炉裏あります”との案内がありました。

入ってみたいお店はいくつかありましたが、 ”かなめや”さんで休憩することにしました。
(続く・・・)

|

« 市総合女子決勝0329 | トップページ | 女王真央 はどこに行ってしまったのか?! »

あしあと@北信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市総合女子決勝0329 | トップページ | 女王真央 はどこに行ってしまったのか?! »