« 2年生の頑張り | トップページ | ラ・メール @寒川 »

2009年4月24日

ハゲタカ

2007年の放送時より 反響が大きく、海外も含め各種の賞を受賞した NHKドラマ ハゲタカ
我が家のおすすめの秀逸ドラマです。

企業買収を扱った経済ドラマで、様々な経済用語もでて難解そうな内容だが、会社が倒産するか、自社が買収されるのか…という緊迫感溢れるストーリーがテンポ良く展開される。

反響は当時 ライブドア騒動の直後だったこともあるが、高評価の背景はストーリーとともに主演の 大森南朋 (外資ファンドマネジャー役)が素晴らしいからだと思う。

すでに、再放送は数回を数える作品だ。

この ハゲタカが映画化され6月に公開される

大森南朋(主人公 鷲津)のほか、NHKドラマでも重要な役であった柴田恭平、栗山千明、松田龍平等も出演

ストーリーはNHKドラマの続編ともいう内容らしい。

因みにハゲタカとは、死にかけた獲物の死臭をかぎつけ、根こそぎ獲物の肉を食い尽くす鳥。
これに例えて、瀕死状態の企業を買い叩いて買収し、高い利益を上げる投資ファンドの総称として金融・経済界で使われる言葉だ。

NHKドラマでは、かつて銀行員だった主人公 鷲津が担当企業の社長自殺を経験し、逃げるように渡米。
数年後ハゲタカになって帰国する。
買収先を守ろうとする銀行の元上司(柴田恭平)と真っ向から対決する。

そして、映画は、、、
中国系ファンド ”赤いハゲタカ”が登場
日本自動車企業の買収を巡る ハゲタカ 対 赤いハゲタカの攻防

原作は NHKドラマ同様 真山仁

映画公開に先立ち、GWにTVドラマの再放送が決定しています。
5月4日から3夜連続で2話づつ放送。
もう何度も見た・・・と思いますが、やはり今回も見てしまいそう。
楽しみにしています。

TVドラマがあまりに面白くて、原作を読む気がしなかったが、映画公開前にそちらも読破する予定。

映画の原作 レッドゾーン

TVドラマの原作、”ハゲタカ” と ”ハゲタカII”

|

« 2年生の頑張り | トップページ | ラ・メール @寒川 »

兄貴・ガールのおすすめ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2年生の頑張り | トップページ | ラ・メール @寒川 »