« ヤフオク | トップページ | 週末練習0524 »

2009年5月24日

戦う為の意識とは?

23日土曜日、この日は教えている中学は運動会当日の為に練習は当然無し。

よって暫く顔を出していなかった大学バスケの方に顔を出す事にした。

昔ならば考えられないフットワークの重さですが、ここ最近中学バスケで男女をしっかり見る様になってからは、正直大学まで気持ちと体力が追いつかないのが現状です。

しかもここ数年は若いコーチや他スタッフが充実していて、私ががっちりついていないと機能しない…ということではなく、最近では「付き添いスタッフ」と化している私です。

先日の試合ではBチームの活動を見させてもらいましたが、Aチームのメンバーを見るのは久しぶりです。

現在ヘッドコーチをしている者は大学の後輩であり、こまかな練習を指示しながら練習を進めています。

ただここ最近は「インフルエンザ」における学校側の方針に振り回されたり、学校行事や就職活動(4年生)の関係で全員揃っての練習が出来ていない事実もあり、苦戦していました。

練習を見ていると1年生が大分練習に慣れてきて、余裕すら感じるところすらあります。

これは当然練習で追い込めていないということなのですが、大学生になったのならば人から言われる前に自ら気付き、練習に対する意識を変えてもらいたいと思います。

最後に少しだけ「練習内容に対する意識すべき事」について小言を言い体育館を出ましたが、ちょっと心配な状態です。

今年もセンターが少ない、本当に小型なチームである我が大学チーム。1〜3番までの機動力や個人能力だけは良いものがあるのですが、関東で勝ち上がるにはどうしても「高さ」「強さ」「確率」が必要です。

トーナメントの初戦は月曜日。会社員である私は当然行く事が出来ないのですが、選手達には改めて「自分達の武器とは何なのか?」を良く考え、相手の土俵ではなく、自分達の土俵で戦う意識を高めて欲しいと考えております。

|

« ヤフオク | トップページ | 週末練習0524 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤフオク | トップページ | 週末練習0524 »