« 週末練習0502 | トップページ | 中国の高い壁 »

2009年5月 4日

大学バスケ春季大会0503

3日は久々に大学バスケに顔を出した。

大学バスケはちょうどK奈川リーグの春季大会に入っており、既に2敗してしまった我がチーム「順位決定戦」で戦うことになっていた。

ところで昨年度の我がチームは4年生が人数も多く、更には試合にも出てと…まさに4年生中心のチームだったと言えます。

しかし逆に今年度のチームは下級生が多いです。更に今回来ていたメンバーはBチーム。4年生は2人きりで、1年生の多い不安定な集団です。

このメンバーで大丈夫か心配でしたが、来ているメンバーでやるしかありません。

対戦相手はS業能率大。関東リーグとしては下位リーグに属していますが、K奈川リーグでは1部です。長身の者もいたり、運動神経の高い者もいたり…個々で見ると我がチーム(Bチームですが)より上回っています。

試合が始まると組織プレイで戦う我がチームに対し、個人能力で押してくるS業能率大はどんどんシュートを放ってきます。しかし確率がまだ今ひとつのところで我がチームがリバウンドから速攻を決めてリードします。

我がチームのスタートには2人の1年生がいます。2人共アウトサイドが好きな選手。他の3人もGFであり、センターがいません。速攻や外角シュートが決まるうちは良いのですが、決まらなくなると酸欠状態になります。

幸いチームとして「エントリープレイ」と「セットオフェンス」を重点的に行ないたいという狙いから、多少確率が落ちて来ても混乱する事はありませんでした。ただポイントガードが4年生だったから良いもの、下級生ガードになるとコントロールが出来なくなり混沌としてしまいます。

試合は終始リードした我がチームが勝利して明日に繋げることが出来ました。明日も厳しい戦いになるのでしょうが、頑張ってフォローしたいと考えております。

|

« 週末練習0502 | トップページ | 中国の高い壁 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習0502 | トップページ | 中国の高い壁 »