« 中華街に行ったら、、、餃子の皮 | トップページ | ヤフオク »

2009年5月22日

都大会観戦

17日より東京都の中学バスケは都大会に突入した。

殆どの中学チームが夏に向けた練習を開始しているなかで、これから春季大会の本戦というのは不思議なものですが、関東大会以上を目指すチームにとっては夏季選手権大会本戦でシードを獲得する為の重要な大会と言えます。

この日、私はガールを引き連れて、後輩の教えているチームの応援に行った。(後輩といっても、もはや卒業年度の違いだけで、今ではすっかり先を越されております…)

このチーム(F中6…以下F6)は決して優勝候補ではありませんが、あと少しで都ベスト4に手が届く所まで成長している好チームです。夏に向けて頑張ってもらいたいところです。

さて会場に着くと前の試合が行われていました。どちらもそれ程大型ではなく、1対1を武器とするチームでしたが、その試合を見るとちょっと考えてしまうところがありました。それはスピードに関する所にです。

負けているチームの試合運びを見ているとドリブルでの勝負が多いのですが、疲れている為かスピードがありません。確かに競り合いの中で器用にシュートを決められるのは流石ですが、余りにスピードが無いのが目立ちます。

春季都大会は各学区からの勝ち上がりで組まれており、出場チームが多い新人戦よりもレベルが高いはずですが…こんなチームもいるのですね。

これを見ると、ミニバス不毛の我がエリアはレベルが低いと思っていましたが、身体能力だけなら都大会レベルのチームが多いのか?と感じる試合でした。

そして応援に行ったF6は大型チーム。体格もまずまずで、非常に堅実なチームです。対するH海中はいかにも「ミニバス経験者」という様な、小さいけれどドリブル・パス・シュートの上手いチーム。アップからひたむきさは余り感じませんでしたが、流れに乗ったら止めるのは大変そうな感じです。

試合が始まるとH海中はエースガード#6の素早いドリブル1対1が決まり、これに対してF6はセットオフェンスで確実に決めます。

この堅実さが都の上位校なんだなぁ…と恨めしく見ていたのですが、F6は初戦の力みからかディフェンスリバウンドをしっかり奪えず、こぼれ球を決めるH海中とロースコアの接戦になります。

特に凄いのはH海中のガード#6で、その素早いドリブル1対1をF6はどうしても止めることが出来ません。

試合はロースコアながらF6がリードを保ってはいるのですが、なかなか相手を突き放すことが出来ず、徐々にベンチやコートでイライラが募ります。更にはインサイドプレイヤーにファールがかさみ、ちょっとしたことで流れが変わりそうで、応援している我々もドキドキです。

だが4ピリに流れが変わりました。マンツーマンから1‐1‐3ゾーンに変えた所でH海中ガード陣のドライブ攻撃が止まり、ここからF6はパスカットからの速攻で突き放すことに成功。ここからはF6のイケイケタイムでした。

応援席から見て、後輩のディフェンスの指示も見事でしたが、勝負処で突き放せる頭と身体能力を持つF6の選手らも流石です。沢山の練習や試合の中で身につけたものなのでしょう。

是非次週行なわれる2回戦にも勝って欲しいと思います。

|

« 中華街に行ったら、、、餃子の皮 | トップページ | ヤフオク »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

千馬さま
コメントありがとうございます。
次の2回戦はチーム自体にスピードある強豪と対戦ですね。
是非リバウンドを制して3回戦に進んで下さい。
そうすれば選手達に都大会以上のステージが具体的に見えてきて、自然と夏へのモチベーションが上がりますね。
応援しています!

投稿: 湘南兄貴 | 2009年5月22日 07:48

先週末は、応援、ありがとうございました。

チームは、いい意味で、進化し始めてきました。
(4番を中心として)

しかしながら、センター陣は、あと一歩のところです。

いい形で、夏の大会につなげれるように、日曜日は戦いたいと思います。

最近、少しずつ、新チームだけの練習を始めております。こちらの根気が続くかが、勝負だと思います。

なかなか、婚期がやってこない、千葉馬鹿でありました。

投稿: 千葉馬鹿です | 2009年5月22日 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華街に行ったら、、、餃子の皮 | トップページ | ヤフオク »