« インフルエンザと学校行事と大会と… | トップページ | ☆今年の迷い客は… »

2009年5月29日

#二人のルーキー @関カレ

2週末に亘って、陸上の関東インカレが開催されました。

今年の注目ルーキー 東海大 村澤選手は 最終日の5000mにエントリー

村澤選手は 4月末に 織田記念陸上(5000M B)に大学初レースとして出場
13:48:62の自己新で日本人1位 (全体では5位)という快走をみせ、(大学)陸上ファンを
”さすが 村澤 !” と唸らせた
このレースで1年生ながら7月のユニバ出場を決める。

その村澤選手が、昨年大活躍の東洋大柏原選手(2年)や日大ダニエル選手(4年)を始め有力大学生と直接対決をする 注目のレースである。

Dsc_3819 村澤選手は スタート直後から先頭集団に入り、先頭を行くダニエル選手にくらいつく。
ダニエル選手に離された後も 柏原選手らと2位集団
残り3周で、柏原選手の前にでるという積極的なレースをみせる。
Dsc_3866柏原選手と日本人トップ争いか… と思われたが、

序盤からのハイペースの影響でペースが落ちてきた 2位集団
第3集団の3人が後半追い上げ、ついに最終周 残り300mで村澤/柏原選手に追いついてしまう(右写真)

そして、この第3集団中から 東海大 早川翼選手(1年)が スパート

すぐに早大 矢澤選手(2年)が反応し、柏原選手、明大石川選手(4年)も続く
残り200Mで3選手が早川選手を抜き返す。

Dsc_3901 ホームストレートは文字通りのデットヒート。
日本人トップを制したのは、柏原選手、続いて石川選手、矢澤選手

村澤選手も残り100Mで一旦早川選手の前にでる
東海勢二人が競り合う形で5、6位でフィニッシュ

5位 早川選手 13:50:11 (自己新)
6位 村澤選手 13:50:85

東海大のもう1人のルーキー 早川 翼選手が僅差で村澤選手をかわしました。
20秒近くタイムを縮める自己新です。
ゴール後のガッツポーズが印象的でした。

大物ルーキーとして村澤選手ばかりに注目が集まりますが、早川選手も高校時代から実力者です。
残念ながら 高校(福井 美方高校)での都大路出場がなかったので全国的知名度は今ひとつですが、ベストタイムは高校トップクラスに遜色ないものを持っています。
福井県内では常にライバル校エースを脅かす存在でした。

高校生でのレースをみたことがあり、個人的に応援していた選手です。
もちろん 東海大進学と聞いて、小躍りしました。
でも正直 2年あたりで頭角を現してくるか、、、と思っていたのですが。

早川選手は 関カレ2日目の10000mでも入賞(唯一の1年生)しているので、2週に亘っての活躍です。
特に5000mでは 村澤選手に先着したことは大きい。

もちろん 村澤選手だって このままでは 終わらないはずです。
今回のレースも 常に積極的な展開でしたが、最後のスパートに余力が無かった。
きっと これから練習を積んで さらに強い選手になってくれるでしょう。

東海大 二人のルーキーのこれからの成長/活躍がすごく楽しみになってきました。
次のレースは 全日本駅伝の予選会(6月20日)

|

« インフルエンザと学校行事と大会と… | トップページ | ☆今年の迷い客は… »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザと学校行事と大会と… | トップページ | ☆今年の迷い客は… »