« 09成就院の紫陽花 | トップページ | アメリカンチェリーのソース »

2009年6月14日

本番の雰囲気で練習すること

緊張の夏季選手権大会。男女対戦相手が決まり、練習も盛り上がってきました。

ただ中学3年生からすれば現役最後の大会です。例年試合が始まると「必死」になり過ぎる傾向があるので、焦らずゲームコントロールをするの練習と、決めるべき時にシュートを決められる様にオフェンスの練習を行った。

この決めるべきシュートの一つとして速攻でのレイアップシュートが上げられます。チャンスタイムでこれを外してしまうと「負けパターン」に陥る傾向があり、速攻でのイージーミスを無くすことが勝利に直結していると考えています。

また試合が始まったら、常にこちらのやりたい展開になるとは限りません。スコアで負けているならば、激しいディフェンスから最後ひっくり返さないといけません。

更に1〜3点差でリードしているなら、そのままゲームコントロールして逃げ切らなくてはいけない。そんなシチュエーション練習も今回の課題であります。

我がチームのメンバーは普段からまじめに練習をしてはいますが、試合の雰囲気で出来ているかというと…??という部分もあり、緊張感の足りない5メンでの練習では男女に雷を落とすことになった。

例えば男子の渡などはゴール下こそ力強くなったが、スピードあるレイアップを使いこなせないという具体的な課題があります。この日の練習でも確実に決められず叱られては落ち込みます。

だがこれはチームが勝つ為に、そして彼自身の為にも克服しなくてはいけない壁です。いつまでも落ち込んではいられません。

女子も西条は左側での攻撃に課題があります。右利きの西条は決して左手のレイアップシュートをうてない訳ではありませんが、左手を上手く使い切れずシュート確率を落としています。

苦手なことを克服するのには練習するしか道はありません。最後の最後までトライして欲しいと思います。

また今日の練習には女子の卒業生である高山・愛川・中田の3人が来てくれた。練習の最後にはこの3人に協力してもらい、シチュエーション練習を行った。

今回のシチュエーション練習とは「4ピリ残り5分10点負け」をひっくり返すというものです。

男子チームは2年生相手に戦って、その集中力から逆に15点差をつけて勝利出来たが、高校生中心メンバー相手の女子にはなかなか厳しいところがあった。

まずは公式戦のピリピリした雰囲気にさせ、その中で絶対にひっくり返すんだという強い気持ちを植え付けることが大切です。

激しいマンツーマンからの速攻で終盤同点に追いつきかけますが、勝ちを意識してからはシュート成功率が落ちてきます。いわゆるメンタル面の問題ですが、こんなところに女子チームの弱さを感じてします。

今回は取りあえず得点をひっくり返して3点差で勝ちましたが、ハイスコアを期待出来る女子チームにはまだ課題が残ります。

しかしシチュエーション練習で本気モードを導く事が出来たのは収穫です。この後の平日練習でもシューティングを欠かさないで、男女怪我無く次の週末練習で再会したいところです。

※個人名は変えてあります

|

« 09成就院の紫陽花 | トップページ | アメリカンチェリーのソース »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 09成就院の紫陽花 | トップページ | アメリカンチェリーのソース »