« 夏にスケートを想う | トップページ | サワードリンク »

2009年6月 5日

いよいよ仕上げに…

6月に突入し、3年生最後の夏季選手権大会は14日からスタートすることになり、いよいよクライマックスです。

そしてこの時期に我がチームが練習することは、例年行っている「ゲームコントロール」する為のヘッドワークです。

これは速攻で攻め切れなかった時、24秒計は残り何秒か?を把握し、無理な攻撃はしないで、残り時間で確実に得点を決めるということです。

これまでは各クオーターの最後の攻撃は、しっかり時間を使いながらシュートで終われと言ってきました。今度は普通の時間帯でもタイムコントロール意識をさせて、集中することから1回の決定力を上げることを努力してもらいます。

重要なのは1回の攻撃時間24秒の残り5秒〜3秒における攻撃です。試合で残り時間が少なくなると、ボールを保持している者は慌ててシュートを放り、これを外してカウンターを受けるシーンをみかけます。

これはシューターが残り何秒までしっかり狙えるかを把握出来ていない結果であり、私個人としては残り3秒あれば十分シュートを決められると思っています。

しかし頭では分かっていても試合ではプレッシャーや焦りもあるし、思う様にはいきません。

それなら練習でゲームコントロールの練習を繰り返し行い、コートやベンチメンバーにもこの考え方を意識してもらうしあありません。

7日には半日ですが男女で練習試合をします。相手は女子優勝候補最有力のT川学園(以下TG)です。男子のTGもシュート力があり大型でもあり強敵です。

この相手にどこまでコントロール出来るかが楽しみです。

|

« 夏にスケートを想う | トップページ | サワードリンク »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏にスケートを想う | トップページ | サワードリンク »