« 本番の雰囲気で練習すること | トップページ | 年々人気…ホタル鑑賞の夕べ »

2009年6月15日

アメリカンチェリーのソース

国産露地ものさくらんぼが出回り始め、値ごろ感が増して来た アメリカンチェリー

もちろん 生でいただくのも良いのですが、ちょっと手を加えて チェリーソースを作ってます。

作り方の基本は ジャムと同じ

分量の目安は チェリー と 砂糖 が 1:1
チェリー(さくらんぼ)の甘さによって砂糖は調節しますが、少し保存するつもりなら最低でもさくらんぼの半量は必要です。
そして 苺や夏みかんと違って チェリーそのものの ジュースがないので、水も少量加えて弱火でコトコトと煮ます。Image11400

朝食なら ヨーグルトに添えて。。。
こんな感じです。

夕食後のデザートならバニラアイスクリームに乗せても、おいしいです。

お水の他に、マーマーレードや苺ソースと違うのは、最後の仕上げに 洋酒を少々入れてます。
お菓子用のリキュールで、わたしは マラスキーノ という さくらんぼを原料にしたものを使っています。
これを入れると ソースが一気にグレードアップします。

一番面倒なのは チェリーの種抜き
さくらんぼの種抜き器を使えば 丸いままの実で見栄えもいいのですが、今は半分に切って種を取り出しています。
自宅用だし、どのみち煮崩れしてしまうし。。。

マーマレードは 皮の渋抜きが面倒でしたが、チェリーは種抜き…これが一番の難作業かな。
皮の果汁が飛ぶこともあるので 作業時の白いシャツは厳禁ですよ。

|

« 本番の雰囲気で練習すること | トップページ | 年々人気…ホタル鑑賞の夕べ »

ガールのてづくり」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本番の雰囲気で練習すること | トップページ | 年々人気…ホタル鑑賞の夕べ »