« フレンズオンアイス | トップページ | ♪御殿場でとらや »

2009年8月24日

練習試合0822

今年の中学バスケチームは例年とは異なり、夏休み中での練習試合はここまで2回しか組めませんでした。それも私が居ない平日での実施と、個人的には少し不完全燃焼な状況です。

しかし今回22日(土)に練習試合をする機会を得て、ようやく新チームでのゲームコントロールをすることが出来ました。

私が不在時における状況は、顧問の先生やアシスタントの後輩から聞いていましたが、やはり自分の目で見ないことには具体的課題が見えてきません。

この日はT川中とY師中と対戦。3校が集まったとはいえ女子の試合だけでしたので、試合は午前中で終了で、午後は学校に戻り反省点の練習を行なった。

練習試合の内容ですが、ここまで殆ど戦術的な練習をせず、ハンドリングやパス練習、そしてトレーニングを中心に行なっていた今期チームですので、得点の取り合いを期待するつもりはありませんでした。

課題はディフェンスからの速攻です。守る時に出来る限りボールマンに近づき、簡単に出し抜かれず、ボールマン以外にもディナイディフェンスを徹底して、カットからの速攻を狙いました。

この日のスタートは高沢・上田・田辺・渡瀬姉妹(双子)。あくまでも暫定的なスタメンですので、エース田辺以外はどんどん替えるつもりでした。

頑張りたいディフェンスのキャッチですが、まだうる覚え状態にしては捕まえようとする意志は見え、何本か5秒や8秒オーバータイムを取れたのは成果の一つです。

更に良かったのはインサイドプレイヤーの渡瀬姉妹やリザーブで登場した朝井に積極性が見られたことで、決定率こそ低かったのですが、めまぐるしく変化する展開の中で、何本かチャンスでシュートチャンスを得ることが出来たことは収穫といえます。

ガードプレイヤーも高沢や上田が苦しみながらも1対1を挑んだり、中盤で迅速な処理が出来なかったことに対して具体的な反省出来たりと成長する為のヒントが見えてきました。

そして今期のエースとして期待している田辺は、試合中に男子並のドライブを見せて相手ベンチを唸らせるシーンもあったのですが、なかなか決定力を上げるところには至らず、墓穴を掘っては一人凹むシーンが多かった様に思います。

今年6月の夏季選手権では最後までメンタルコントロールが出来ず、チームに貢献出来なかった田辺。メンタルコントロールは今期も大きな課題です。

上手く行かない事の方が多い試合でしたが、この日参加した2年生を全員(12人)を試合に使い、更に1年生ながら戦力として期待しているセンターの江見とパワーフォワード君塚の二人も試合に使い、この日は2勝2敗で終了。

学校に戻った午後は、シュート練習と細かな合わせの練習を行いこの日は終了しました。

全然勝てないのでは?と心配していた今期女子チームでしたが、なかなかどうして!2年生の予想以上の頑張りでチームが確実に前進していることを感じた1日でした。

来週末は秋に行われる新人戦のシードを決めるミニ大会があります。ここでガツガツ走れる様に、今週もしっかりトレーニングを継続してもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« フレンズオンアイス | トップページ | ♪御殿場でとらや »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレンズオンアイス | トップページ | ♪御殿場でとらや »