« 尻尾のない鯛焼き | トップページ | ☆悲しき攻防 »

2009年8月14日

夏のミニ大会に向けて

お盆休みに入った中学バスケットチーム。ここまではみんなの頑張りもあり、チームとして良い方向に向かっています。

そして女子チームについて考えると、トレーニングの成果なのか、プレイ中に転倒する者が減少するという嬉しい成果が出てきました。

これを見て、トレーニングはこれからも継続していくべきと思いますが、これと平行して夏休みの終りにある市のミニ大会で、女子チームをどう戦わせるかを考えなければいけません。

このミニ大会は秋に行われる新人戦のシード校を決めるものです。我々としてはこの大会に勝つことが今期チームの最終目標では無いのですが、参加するからには何か試して、一つでも多く勝ちたいものです。

とは言ってもこれまでやってきたのは走り込みを含めたトレーニングばかりで、初心者揃いの今期チームには技術がありません。

それならば頑張って身に付けた体力を生かしてマンツーマンを頑張り、そこから生まれるカットプレイやリバウンドからの速攻で得点を取り、これで勝つことを目標にするだけです。

とても単純な内容ですが、田辺や上田など身体能力自体は決して低いメンバーでは無いので、チームで勢いに乗ることを覚えれば勝てると思います。

その為にも、彼女らにはお盆休みの間にも自主トレを継続してもらいたいところですが…、んっ〜、まだ無理かなぁ〜?

※個人名は変えてあります

|

« 尻尾のない鯛焼き | トップページ | ☆悲しき攻防 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尻尾のない鯛焼き | トップページ | ☆悲しき攻防 »