« 復帰のアイスショー | トップページ | 練習試合0822 »

2009年8月23日

フレンズオンアイス

昨日 横浜で開催された アイスショー フレンズオンアイスを観てきました。

お目当てはもちろん 高橋大輔選手
1年前の怪我から復帰のアイスショーです。

既にマスコミを通じて順調な回復振りが伝えられていただけに、”本当に期待しちゃう!”というファンも多かったのではないでしょうか。

まずオープニングに他の出演者と一緒に登場。
高橋選手を確認、、、でも割と地味に集団の中に混じっていました。
”ワァ〜ついにこの日がきた。。。”と感激しつつも、私ったら他の出場者にも目移りしてしまったりして、、
全員お揃いのTシャツ&ジーンズだったし(日本人はどうしても地味)、高橋選手にとっては大先輩もいる中当然の位置取りだったかも。

そして 1部の最後
フレンズオンアイスのプロデューサー 荒川静香さん 自らのMCで 高橋選手が登場しました♪
今期のエキシビション用のプログラム Luv letter (曲はこちらで)


今までにない しっとりとした曲調
途中に入る2回の3回転も流れるようにマッチしていました。
ジャンプはリンクの北側と南側で1回づつ
素人が生意気言いますが、スケーティングが一層大きくなったような気がします。
ステップも 足だけとか上半身だけとかではなく、体全体がひとつになって 踊る様に綺麗でした。
これまでの ギラギラ/イケイケ感のあるプログラムとは違った 大人&情感溢れるプロに仕上がっていました。

見とれていたら、あっと言う間に終わり、観客はスタンディングオベーション
そこかしこより、”大ちゃん お帰り!”の声が飛びます。
高橋選手もすごく嬉しそうに 声援に応えていました。

高橋選手のスケートはこの後はフィナーレだけですが、1部と2部の間の抽選会に登場
荒川さんのMCのこのコーナー、高橋選手の声をファンに届けようと登場だったようです。
ここでも ファンの大声援
高橋選手の声も充実感溢れていましたし、小塚崇彦選手の ”大ちゃん お帰り!” に 思わずホロリとしちゃいました。
いちスケートファンとして嬉しかったですね。

当然この日の夜のスポーツニュースにも取り上げられていました。
アイスショー後の記者会見での表情もすごっく良くて、高橋選手が精神的にも一回り大きくなったような気がしました。
今シーズンの活躍、そして バンクーバー、、、大いに期待できますね。
(こちらの サイトで関連番組がアップされています)

さて 「フレンズ・オン・アイス」ですが、私は今回初めて行きました。
荒川静香さんがトリノで金メダリストとなった後、自身のプロデュースで始めたアイスショー
今回で4回目。

出演者も現役選手あり、プロ選手あり、今は指導者を主に活動している者もあり、、と 6月のドリームオンアイスとはまた違った趣向です。
長年のフィギュアスケートファンには 田村岳斗さん、本田武史さん、佐藤有香さんなどとリンクで会えるうれしい場所です。

特に今年はカナダのカート・ブラウニングさんもゲストで出演。
12年振りに日本のリンクに立ったそうです。 
ジャンプやスピンは現役選手が魅せてくれますが、プログラム全体で観客を楽しませる術は流石です。

現役選手では 女子の鈴木明子選手が順調な仕上がり振りを披露。
彼女も観る度に強くなっている気がします。
スケートに自信が溢れていました。

小塚選手はプログラムがまだ調整中?だったかな?
3回転ジャンプはそつなく決めていましたから、やはりトリプルアクセル/4回転の確率が鍵でしょうか。

そして、日本男子のライバルの1人、米 ライサチェック選手
プログラムは昨年の物でしたが、完璧という文字が一緒に滑っている様な気がしてしまうのは私だけでしょうか。。
このシーズンもライバルとして手強そうですよ。

また、荒川さんは後進の育成の一助となればと、自己推薦選手、キッズ選手のコーナーも企画していて、ドリームオンアイスとはまた違った楽しいアイスショーでした。

この模様は 日テレプラスで 9月5日(土)と26日(土)に2回に亘って放映
また日テレの Newsリアルタイム特報(9月6日放映分)では ”高橋大輔 五輪への復帰戦”あるそうです。

|

« 復帰のアイスショー | トップページ | 練習試合0822 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復帰のアイスショー | トップページ | 練習試合0822 »