« Cuite (焼き菓子とパウンドケーキのお店) | トップページ | ヘルシオのモーニングメニュー »

2009年9月17日

コージーミステリー

不思議な事に、秋の気配を感じると 本を読みたくなります。

フラッと立ち寄った 本屋で コーヒー屋のクレアシリーズ や ティーサロンのセオドシアのシリーズが並べられているのを発見
続編も沢山でていました。

近くには B&Bオーナーのシリーズ、クッキー屋店主のシリーズなどなど、ちょっと可愛い系の表紙の本が陳列されています。

コージーミステリーのコーナーです。

コージーミステリー(Cozy Mystery)、
少々聞き慣れない言葉ですが、推理小説のジャンルのひとつで、ライト(軽めの)ミステリです。
欧米では女性を中心に人気があり、着実に稼げるジャンルと言われています。

冷静沈着、心身共に強靭で、時には冷酷非情な面をもつ 警官や探偵を主人公にした ハードボイルドの反義語として使われます。

コージーミステリーの特徴は、

1、主人公が 警察や探偵とは無縁の一般人 (多くは女性)
  でも、ショップオーナーだったりと ちょっと憧れる魅力的な生活をしている
2、事件は、主人公の住む小さなコミュニティ内で起こる。
  そして 主人公が謎解き、あるいは事件解決にひと役買う
  毎回登場する 主人公を囲む癖のある仲間&ご近所も面白い
3、殺人事件であっても 血の海を連想するような悲惨な描写はない、また 主人公のロマンスにも軽く触れる程度でエロティック度もほぼゼロ、、、

Cozy (=居心地が良い) が示すように、ソファに寛ぎながら、お茶やお菓子とともに気楽に、体の力を抜いて読める本です。
事件描写も少ないですし、事件背景も殺伐とした重ーいものはなく、眉を寄せて読む様な本ではありません。
謎解きも面白いですがそう難解ではありませんし、最後に意外な人物がでてきて事件解決となったりすることも多い。
事件とは別に主人公のライフスタイルや お洒落な食べ物/飲物等の描写も読みどころのひとつになっています。

アガサクリスティのメープルシリーズも コージーミステリーと言われていますね。
日本では残念ながらこのジャンルの小説はありません。
無理して例えれば TVの ”家政婦は見た…”シリーズ風か。。。

食いしん坊の私は、もっぱら 美味しい物が登場するシリーズを追いかけていますが、ペット好きな主人公やダイエットに頑張る主人公などのシリーズもあります。
多くが ランダムハウス講談社文庫からでています。

amazonのインスタントストアに リストを作成してみました。
ご興味あったら 見てみて下さい。

さぁ、私はコーヒーを準備して、ページをめくろうかな。。。

|

« Cuite (焼き菓子とパウンドケーキのお店) | トップページ | ヘルシオのモーニングメニュー »

兄貴・ガールのおすすめ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cuite (焼き菓子とパウンドケーキのお店) | トップページ | ヘルシオのモーニングメニュー »