« 最後のグランプリシリーズ | トップページ | #レース巧者の貫禄勝ち »

2009年10月18日

大学リーグ戦6週目

大学リーグも6週目を迎え、優勝を狙うチームは緊張感が高まる頃となってきました。

ただ、優勝とか2部昇格という目標が叶えられなくなった我がチームとしてはモチベーションの維持をすることが難しくなってきた様だ。

更にはインフルエンザの爆発的感染は我がチームにも飛来してきており、今週は全く練習は出来ないは、スタートメンバーも変更しなくてはいけない等問題は山積みです。

そんな今週の対戦相手はK際武道大(以下KB)です。低身長ながら粘り強く確率の高いバスケットを展開するチームです。

一昔のKBは「楽しく出来れば…」みたいな雰囲気がありましたが、今年のチームを見ると非常に集中した練習をしており、タイプ的に我がチームと似ているチームですがどうなるのでしょうか。

試合が始まるとお互いイージーミスを繰り返し波に乗れません。

この展開は先週のT洋大の時に似ていて「泥仕合」を思い出してしまいましたが、こちらは相手ポイントゲッターに対してディフェンス能力の高い選手をマッチアップさせて得点させない様にしています。

ところが肝心の攻撃面ではインサイドの攻撃をする前に、軽くアウトサイドシュートを射っては簡単に外し、勝手に調子が悪いと決めてしまった様で、じっくりゲームコントロールが出来ません。

こうして試合は突き放すチャンスを得ながらもミスプレイで突き放せず、後半に入ってからは逆にKBは外角シュートが入り始め得点差がつき始めます。

初勝利に向けて必死のKBは後半ゾーンディフェンスをひき、素早いローテーションしながら守ります。

これに対してパスで崩そうとはしているのですが、ペネテレイト出来ない我がチーム。時間ばかりが経過して得点につながりません。

結局ミスが多く、最後までゾーンを崩せなかった我がチームが1戦目を敗退…

頑張って欲しい2戦目に、私は中学バスケ新人戦の関係で見に行けません。彼らにはやるべき内容を具体的にして、2戦目は必ず勝利をもぎ取って欲しいと思います。

|

« 最後のグランプリシリーズ | トップページ | #レース巧者の貫禄勝ち »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後のグランプリシリーズ | トップページ | #レース巧者の貫禄勝ち »