« #09男子高校駅伝 | トップページ | 久々にのんびり »

2009年12月23日

#オールスターズの1区

昨年のルール改正で留学生が1区を走らなくなった。
1区は10kmの最長区間であり、先行型でレースを進めようと各校エースを投入してくる
高校駅伝の一番の見所でもある。

今年は 現高3世代に有力選手が多く、記念大会で出場校も増えたため一層面白みが増していた。

インターハイで日本人トップの 大分東明 油布選手 が世代トップの走りをみせるのか、
高2ながら 国体(1万M)で高校歴代5位のタイムを出した 須磨学園 西池選手が 3年生に勝つのか
同じレースで 28分台を出した 武蔵越生 設楽啓選手、青森山田 田村選手、佐久長聖 大迫選手、 28分に肉薄した 世羅 北選手、鯖江 窪田選手 もいます。
故障から復活した 埼玉栄 服部選手も 見せてくれるでしょう。 

西脇工業 志方選手、上野工業 松本選手の3区エントリー以外は1区にエースが勢揃い
まさに オールスターズの顔ぶれです。

誰がトップをとるのか、
どのようなレースになるのか、、、など予想したら 興奮度が上がってきました。
結局 こういうレースは数年に一度しかない、、、生で見るのが一番、、、と京都まで出掛けてしまいました。

1区を見る選択は2カ所
①スタートの 西京極競技場で スタート前の緊張感を味わう
②中継所近くで 最後の競り合いを見る

今回はその後の移動もあって ②を選択、中継所手前200m付近に陣取りました。
場所は 地下鉄 鞍馬駅から 徒歩すぐ

携帯ワンセグでレース模様を見ながら待てるので 最近は便利になったものです。
もっとも 選手が近づいてきた と知ったら テレビなど見ていられません。
やってくる方向をひたすら 見つめておりました。

Dsc_9921

放送車に先導され 最初に姿が見えたのが 佐久長聖 大迫選手
少し遅れて 油布選手
大迫選手が区間トップを取るのですが、油布選手はここから最後の追い上げをして中継所では差を縮めたのは流石です。

Dsc_9951 続く3、4位は 埼玉栄 服部選手、青森山田 田村選手
区間賞こそとれませんでしたが、服部選手 完全復活ですね。
故障の多かった 田村選手も 昨年の国体覇者で世代トップと言われた実力のほどを見せつけました。
二人とも 今年一番の走りだったんではないでしょうか。
エースの風格をもったレース運びでした。

Dsc_9949 この時 放送車両が、、、、
私達は 選手が走る側だと近過ぎて写真が良くとれないので、対向車線の歩道に陣取ることが多いのですが、放送車両、カメラバイクには泣かされます。

Dsc_9955 続いて 今注目No.1の須磨学園 西池選手が 優勝候補 世羅の北選手と並走してきます。
前評判の高かった 西池選手は序盤は先頭位置をしっかり走っていましたが、7.5km付近からの揺さぶりで落とされてしまいました。
うーーん、初めてみる苦しそうな表情でした。
初出場で1区区間賞も、、、との期待にはかないませんでしたが、6位での襷リレー
写真的に 西池選手、すっかり北選手にブラインドされてしまったのも残念。。。

この後 有力選手が実力どおりの位置で通り過ぎます。
誤算だったのは 1万M28分台の 武蔵越生 設楽選手(28位) 29分1桁の 鯖江 窪田選手(23位)
設楽選手は インフルの影響があったと放送されていましたが、レース序盤から トップ集団より遅れてしまいました。
頭でリズムをとる癖が早々にでてしまって、実力が発揮できませんでした。
窪田選手も中間点あたりまで トップ集団にいたのですが、いつもの粘りがだせませんでしたね。
スタート前や走っている姿もちょっといつものギラギラ感がなかったので、どこか不調だったのでしょうか。
(ご(レース後12月初めに捻挫をしたとの報道あり)

選手が通るのは一瞬ですが、素晴しい興奮の時間を味わいました。
皆な凄過ぎです。
トップ選手ばかりなので、それぞれが美しい走りで通りすぎていく様は圧巻です。

このメンバーでの争い、もしかしたら 1月の都道府県1区 や 2月の 千葉クロカン でも見れるのではないか、と 今から 我が家では楽しみにしています。
(中継がまたNHKというのもうれしい限り)

|

« #09男子高校駅伝 | トップページ | 久々にのんびり »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #09男子高校駅伝 | トップページ | 久々にのんびり »