« 真央! 復活おめでとう! | トップページ | #都大路観戦の仕方 »

2009年12月28日

練習試合1226

12/26は中学バスケチームにとって今年最後の練習試合となった。

一体どうなるんだ…!?と心配した今季女子チームでしたが、ここまでは確実に前進出来ています。

この日は以前も練習試合をお願いしたO山田中と同じ学区のS中、そしてH王子市からM中H王子中が参加。更にはお隣K奈川県からA瀬中とU野森中が加わるという、非常に賑やかな1日となった。

我がチームとしてはこの日もゾーンとマンツーのチェンジングの練習をメインとし、個人的にもこれまで以上に試合の流れに乗せることに集中して行ないました。

午前中はA瀬中とO山田中と対戦。特にO山田中は市で3位に入るチームであり、前回は対等に戦うことが出来なかったので自然と気合いが入ります。

スタートは中川・上田・田辺・渡瀬・岬で、1-1-2-1プレスからの1-3-1ゾーンで入りました。

午前中の2試合はいずれもゾーンプレス+ゾーンの対策を考えていなかった両校に対して終始優位に試合を進めることが出来、特に田辺のスピード溢れるプレイは相手ディフェンスを寄せ付けず、久々に「ナイスプレイ!」と褒めたくなる内容でした。

実際連勝した事により選手たちも気持ちが緩んだのかもしれません。

嬉しい午前とは対照的に、午後は厳しい時間が続きました。

最初にU野森中と対戦しましたが、ここは来年1月から始まるK奈川県大会に出場する強豪校で、選手の動きを見てもファンダメンタルをしっかり練習していることが良くわかるチーム。最近調子が上がって来ているとはいえ、付け焼き刃的な我がチームが圧倒出来る相手ではありませんでした。

ただ試合の起こしや、ディフェンスを2-1-2プレスからの2-3ゾーンに変えた時には我がチームが課題である「波に乗る」ことが出来たのですが、ちょっとプレイが上手く行かなくなると頑張る事を放棄したかの様に戦えなくなります。

これは続くS中戦でも見られました。接戦の中で、試合に勝利する為に自らテンションを上げて戦う…という姿勢が全く見られなくなり、技術面ではない精神面での問題が見え始めました。

特に田辺に関しては、ここしばらく気持ちの浮き沈みが無く安定していたのですが、試合に勝てなくなると沈んだまま戻らなくなり、同様に他メンバーも暗く沈んでしまいます。

最近の練習試合で勝利することが多くなり彼女らも調子に乗っていたのでしょうが、今年最後の練習試合でガツンとやられて良かったと思います。

年が明けると直ぐに市の総合大会が始まります。2年連続で決勝戦に進める様、選手たちも気合いを入れ直して欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 真央! 復活おめでとう! | トップページ | #都大路観戦の仕方 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真央! 復活おめでとう! | トップページ | #都大路観戦の仕方 »