« お菓子の自動販売機 湘南クッキー | トップページ | ☆古材(オールドパイン)利用 »

2009年12月11日

#箱根駅伝チームエントリー

早いもので、10日は箱根駅伝のチームエントリーの日でした。
86回箱根駅伝までのカウントダウンもいよいよって感じです。

各チームのエントリーはこちらで確認できます。

通常 駅伝のエントリーは、大会数週間前に補欠選手を含めてチームエントリーがあります。
この段階では 誰がどの区間を走るかまでは発表されていません。
多くの駅伝では前日に開催される大会開会式にて区間エントリーが発表され、当日のエントリー変更はまずありません。

一方 箱根駅伝は 4日前の12月29日に区間エントリー発表があり、大会当日朝に大きなエントリー変更があるのも一般的になっています。
(エントリーの仕組みについては 過去記事 区間エントリー をどうぞ!)

但し、エントリー変更も チームエントリーされた16名の選手から。
なので、今回エントリーメンバーに入っていない選手は 残念ながら次の箱根駅伝で走ることはないということです。

各大学のエントリー状況をみると ポツポツと入るべき選手(と私が思っていた選手)がエントリーからはずれています。

前回王者の東洋大では 主将の釜石選手
前回2位早大では前回4区区間賞の三田選手
中大の主力の1人で箱根3回出場の梁瀬選手
応援している 東海大では 昨年1区を走った 栗原選手や 2年連続4区を走った 平山選手、、、

前回亜細亜大が故障回復が思わしくないと主力選手にも関わらず多くの4年生をはずしたのが印象深かったのですが、今回は例年以上に複数大学で主力でも状態の悪い選手はすっぱりエントリーからはずした様です。

以前なら チームの士気やファンの期待もあって 故障が噂されても主力メンバーはエントリーされていたように思うのですが。
それだけ 今回は戦力拮抗で どの大学も(故障メンバーを期待値だけで入れる)余裕がないということでしょうか。

前々回の優勝から一転 予選会組からの参戦となった 駒澤大は 1年生7人をエントリーしてきました。
強力なカルテットを含む4年生が6名と 全日本に続き4年生、1年生のチームです。
実力者揃いの1年生ではありますが、このエントリーが吉とでるのか?

今回の優勝予想は 前哨戦の出雲、全日本で 駒澤大、早大に???マークがつき、混沌としていました。
さらに今回のエントリー発表で 分からなくなった感があります。

絶好調の柏原選手擁する東洋大が安定しているとみるべきか、、、
エースはいなくとも堅実に襷を繋ぎそうな 山梨学院大、中央学院大が駅伝パワーを発揮するか、、、
駒大、早大が前評判通りの強さを見せつけるのか、、、
日大がダニエル + 日本人選手の活躍で 3大駅伝制覇をするのか、、、

箱根人気にあやかって 関連本(特集号)の出版も相次いでいます。
今週だけで 読売新聞社発刊のものと 陸上競技マガジンのものと2冊店頭に並んでいます。
ただ 1年通して 大学陸上を見守っている者としては もうちょっと突っ込んで取材して!と思う箇所あり!
特に 陸上専門誌の陸マガの特集号は 各大学の予想区間を掲載しているにも関わらず 隣ページの選手プロフ掲載が落ちていたり、展望記事の出来不出来の差が大きすぎてガッカリ。
(おーーい! どの大学にも 応援しているファンはいるんですよ〜)

月末に向けて もう1冊 特集号がでますが、そちらには 是非期待したいところです

|

« お菓子の自動販売機 湘南クッキー | トップページ | ☆古材(オールドパイン)利用 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お菓子の自動販売機 湘南クッキー | トップページ | ☆古材(オールドパイン)利用 »