« 練習試合1226 | トップページ | ウインターカップを観て »

2009年12月29日

#都大路観戦の仕方

記憶が薄れぬうちに 都大路(全国高校駅伝)の観戦ポイントを。

この大会は 女子と男子が同日に行なわれるうえ、先の女子が午前10時20分スタートと大学の箱根駅伝や全日本駅伝に比べてスタート時間がゆっくりなので、 関東なら日帰り観戦も可能。

コースも京都市内の中心部で、地下鉄を利用して数カ所での応援をはしごできる。
実際は移動時間も考慮しなくてはいけないが、男子のコースで 
 第一中継所付近(1区→2区) 地下鉄鞍馬口駅
 第二中継所  地下鉄 丸太町駅
 第三中継所  地下鉄 国際会館駅
 第四中継所  地下鉄 丸太町駅
 第五中継所  地下鉄 鞍馬口駅 
 ゴール    阪急線 西京極競技場
と7区間 どの区間の走者でも応援できるはずである。

そのために 是非購入したいのが 市営地下鉄の1日フリーパス(600円)
1区間が210円なので、3回のればペイするし、 切符売場の混雑は相当なものなので、絶対あった方がいい。
大混雑の 国際会館駅では フリーパスの人だけ 有人改札通過ができ早目に出札できた。

フリーパス外の阪急電鉄もできれば 切符を事前購入しておきたい。

既に記事にもしたが、私達は 
第一中継所付近の1区の選手
第三中継所付近で 3区の選手、そして襷リレー後の4区の選手
ゴール地点の西京極競技場 を観戦スポットにした。

箱根駅伝に慣れている者としては、高校の全国大会ではあるが混雑は軽い方。
観戦者の多くが チームメイトと思える高校生達、そしてこの日の為に上洛されたと思う保護者&親戚の方々。
箱根駅伝は 1区、箱根、10区を除くとほとんどが沿道近くの住人なので、混雑は激しいが人の流れはスムーズ(勝手知ったる地元)
それに比べて、こちらは 我々も含め 地理も方角も不案内の者ばかりで、人の流れがなかなかテンポよくいかない。
地下鉄への通路移動も 歩くリズムが違ったり、キョロキョロする人も多く、思ったより時間がかかった気がした。

なので、あまり多くのポイントでの観戦を欲張らないこと。
地下鉄は約10分間隔だが、階段下のホームは溢れんばかりの人、人、人
すぐに乗れるとは限らない。

第三中継所、折返地点が 近くの 国際会館前駅
ここなら 3区、4区の選手を同時に応援できる、、、と目論んでおりました
が、最寄りの国際会館駅周辺は 折返地点に近過ぎて 3区の選手が通り過ぎたと思ったら 程なく4区の選手が通り過ぎてしまいます。
後続選手に気を取られているうちの、首位世羅 の4区 竹内選手を見逃してしまいました。
3区になると タイム差も随分ついてくるので、彼方を観たりこっちをチェックしたりとかなり忙しい

特定の選手(チーム)を応援するだけならいいですが、そうでなければ できるだけ折返点より離れた場所へ移動した方がいい
ここは テレビ画面で観ていた程 良い応援スポットではなかったですね。

実は私達は 女子のレースにも余裕で間に合う時間に京都に着いていたのですが、一番に向かったのはホテルのレストラン
こちらで 朝食時間帯の終わり頃でしたが、和定食をしっかり戴きました。
好天に恵まれていても 冬の日の観戦
身体も冷え易く、お腹も空き易い。
男子は12時半スタートなので、しっかりお腹を満たして応援に臨まないと 途中で息切れしてしまいそうです。

今回観戦スポットに選んだ駅周辺には 残念ながら 飲食をできるお店がほとんどありません。
ファーストフード店は皆無でした。

|

« 練習試合1226 | トップページ | ウインターカップを観て »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習試合1226 | トップページ | ウインターカップを観て »