« 春季大会に向けて | トップページ | 練習再開0227 »

2010年2月27日

真央! 銀メダル&2回の3アクセル成功おめでとう!

浅田真央選手 銀メダル おめでとう!
トリノの金メダリスト 荒川さんも言っていましたが、19歳にして 初の五輪で銀メダルは素晴しい!
本当におめでとう!
素晴しいとか 凄いとかしか 語彙のない自分が嫌になるくらい 真央ちゃんをもっともっと讃えたい!

そして ショートプログラム(SP)に続き フリー(FP)でもトリプルアクセル(3アクセル)を成功させた偉業のおまけつけ!
男子でも全員が跳べるわけでもない(一説には男子の半数が攻略できてないそうな)3アクセルという大技を フリーでは2回も決めるなんて。。。
本当に凄い!

3アクセルを苦手とするランビエール選手は 3アクセルを回避して4回転とダブルアクセルを選択したし、男子でもまだまだ成功率が高くないジャンプです。
女子でいえば、現在 3アクセルを跳べる選手は 浅田選手しかいない 本当に難しいジャンプなんです。
女子の体力面を考慮すれば、男子の4回転よりも難度が高いという意見もあります

その3アクセルに 五輪の舞台で果敢に挑戦、そして成功…という快挙を讃える報道/コメントは海外でも多いんですよ
日本では メダルの色とか得点差に偏っているのが残念で溜りません

真央ちゃん、いろいろな逆境の中、よくここまで頑張ってくれた!
3アクセル潰しのような 現在の採点システムにも関わらず 3アクセルに拘りたいという自身の思いを貫きましたね。
シーズン当初に公言した 試合で3回の3アクセル(SPで1回、FPで2回)を見事 オリンピックの大舞台で実現しました。

アルベールビル五輪以来という3アクセルの成功を、一気に 五輪で3回の3アクセル成功にしてしまったのですから。
この偉業を ギネス認定させようという動き、是非 認定してもらいたいです!!!

もうひとつの パーフェクトな演技をする という 真央ちゃんの目標
SPでは達成しましたが、フリーでは残念ながら ミスがでてしまいました。
演技直後の涙は 個人的にはメダルの色というより、フリーを完璧に滑れなかった悔しさだったのではないかと感じています

シーズン初には オリンピックにふさわしくないと マスコミから散々叩かれた フリープログラムの『鐘』
今では 素晴しいプログラムだと万人が納得しています
そして、このプログラムを滑れるのが 浅田選手だけだということも。
単調な重苦しい曲調を、重厚感と凄みのあるプログラムにしています。
観客の後押しを受ける曲/プログラムではなく、観客を惹き込む、見せるプログラムです。
タラソワコーチが オリンピックに相応しいと言った理由が分かる気がします。
他選手のプログラムももちろん素晴しいですが、プログラムの格が違います

実際 2つの3アクセル、そして 美しいスパイラルの時の盛り上がり方は テレビを通じでも鳥肌が立つ程でした。
現地もテレビ前も見ている観客が 真央の『鐘』の世界に入っていたと思います

それだけに 惜しかったのは、真央ちゃんの目指すパーフェクトな演技ができなかったこと
プログラムに惹き付けられ魅せられていた観客を ジャンプミスが一瞬にして 現実に戻してしまいました。
2つのミスが立て続けに、それも最後の盛り上がり直前にあったことも不運でした。

『鐘』はパーフェクトに滑ってしか、その素晴らしさの全容をみせてくれないんだなと思いました。
今回は ちょっと垣間見えただけ。

負けん気が強く、完璧を目指す真央ちゃんですから 次の世界選手権(3月下旬 トリノ)で どんな『鐘』を見せてくれるか。
今回 垣間みえた 『鐘』でさえ ゾワゾワ感を感じたのですから、完成版がどんな感動をくれるのか楽しみでもあり、怖い様でもあります

一緒に出場した 安藤選手も鈴木選手も5位、8位と入賞する好成績

トリノで最悪をみた 安藤選手は バンクーバーで見事リベンジしましたね。
SPでのダウングレードが響いて メダル争いから落ちてしまいましたが、フリーはほぼノーミス
落ち着いた演技で 自身も ”今の実力はこの程度” とさっぱりした表情に トリノ後の苦労が安藤選手を大きくしたな、、、と思いました。
お疲れ様

鈴木選手も 拒食障害を乗り越えて 掴んだ五輪キップを思う存分楽しみましたね。
真央ちゃんとは また違った 迫力ある 渾身の演技で 会場を そしてテレビの前の私達を魅了してくれました

3選手ともSP/FPを通じて、本当に素晴しい演技をみせてくれました。
今シーズン一番と言っても良い滑り
落選した 中野選手や村主選手ほか多くの日本人選手の思い分も滑ってくれていたように思います。

日本フィギュア界は男子に続き女子も 出場3選手が全員入賞(1人メダル)
すごい快挙です。
確か 五輪史上初だとか。

順位や結果については いろいろと思うところがありますが、それは選手の責ではありません。
今はこころから 選手の健闘を讃えたいと思います。

もちろん これからも 引き続き応援したいと 強く思ってます!

過去の浅田真央選手関連記事
08フィギュアスケートGP
09四大陸選手権
女王真央 はどこに行ってしまったのか?!
フィギュアいよいよ開幕!(09-10シーズン)
フィギュア ”負のマスコミ報道”という 敵
真央ちゃん 復活! おめでとう!
真央! 女子SPで快挙!

|

« 春季大会に向けて | トップページ | 練習再開0227 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事