« 手応えと悔しさ | トップページ | TED's Bakeryの クリームパイ »

2010年3月17日

☆窓の格子

Dsc_9840
我が家は南面の窓に格子をつけています。 (外からはこんな感じです)

なんか雰囲気がいいかなぁ・・・という程度の拘りでした

格子があるなしで お値段がちょっと違います。
別規格の窓かと思っていたら、窓枠にはめる格子が別途送られてきました。
我が家の格子は窓に固定されているのではありません。
(日本の某メーカーさんは 窓枠に固定のようですが)

Dsc_9846

格子の端に小さな爪があり、これを外に向って押すと針が先端にでてきます。
その針を窓枠にかませて 枠が外れないように保持する仕組みです。

お気づきかと思いますが、格子も木製
外側は外壁に合わせて白塗料、内側は内装に合わせてワックス塗装をしてもらいました
樹脂製ほど埃は呼ばないような気がします。

Dsc_9842
日常の窓掃除は格子をつけたまま、ガラス部分を拭いています。
半年毎を目安に外して 窓全体を掃除しています。
というのも、取り外しそのものは簡単なのですが、ピタっとはめ込むのがなかなか難しい
木製のため膨張する時があるのか きつくてなかなかはめられない時があるのです。
(右写真ははずした格子、一番大きいリビングの窓用です)

ついには 先日とりはずす際に格子の一本が折れていました
無理にはめたつもりはないのですが、窓枠に対して少々きつくはまっていたのかもしれません。
瞬間接着剤で直しましたが、ますます 格子をはずしての掃除をしなくなりそうです。

雰囲気的には素敵な格子ですが、少しづつですが埃がたまるのは事実
格子があると 窓掃除もスカっとはできません。
家の窓全部に採用しなくてよかったと思っています。

|

« 手応えと悔しさ | トップページ | TED's Bakeryの クリームパイ »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手応えと悔しさ | トップページ | TED's Bakeryの クリームパイ »