« 待った7年、待っていた復活 | トップページ | 戦った相手は その1 »

2010年3月 3日

戦った相手は その2

戦った相手は その1 の続きです

昨年の四大陸選手権から急に顕著になった ”加点”の大盤振る舞い
良い演技は高く評価しようという考えだろうが、 基礎点と加点のバランスが余りに不釣り合いだった

ジャンプを例に語られるが 基礎点の低いジャンプでも加点さえつけば 大技と同じ点数をとれることになる 
4回転(基礎点9.8)と3アクセル(基礎点8.2)、3フリップ(基礎点6.6)、加点幅は+3〜-3
大技になればなるほど、完成度は低いですから 加点がつきにくくなります。
スピードがないとか着氷が乱れた等でマイナス加点さえつきかねません
数名しかできない4回転ジャンプよりも(例え成功したとしても) 加点次第では3回転ジャンプで4回転ジャンプ相当の得点が獲得出来るというおかしな配点なのだ。

浅田選手の場合 彼女しかできないトリプルアクセルだが その希少性に反して 評価される基礎点(8.2)が低かった
加点ルールは個々のジャンプで判断されるとなっているが、他の選手が跳ばないトリプルアクセルが、他の3回転ジャンプの出来を基準に判断された可能性は高い。
実際 トリプルアクセルには高い加点はついていない 

マスコミは加点だけを上げているが、技術点と対をなす 演技構成点
これは加点が採点対象の要素(技)の出来栄点だとすれば、プログラム全体の出来栄点
要素とプログラム全体を別に採点しているともとれるが、実際は要素の出来がよければプログラムの仕上がりもよく見え、高得点がつく
つまり 良い演技と判断されれば 技術点と演技構成点で2重に加算されることになるのだ。

ジャンプに失敗すればダウングレードと加点のマイナスでの2重減点
”見栄えよく”滑れば、 要素加点と演技構成点での2重加点
ジャンプ派の選手には逆風のルールですが、フィギュアはジャンプだけではない、他の要素(スピン、スパイラル、ステップ)や基本的なスケート技術でも点がとれる、、、

ジャッジが運用さえしっかりすれば ある意味 競技スポーツとしてのフィギュアを魅力的にしたことでしょう。
ジャッジが良識のある運用をしたら。。。だが。

そして 追い打ちをかけるように 浅田選手に不運だったのは 今シーズンから ”プラス”加点が一層推奨されたこと
良い演技は高く評価しましょう、、、という理念は立派だが、残念なことに この流れは大半の選手にではなく、一部の選手のみ優位に働いてしまったことだ

浅田選手は 五輪シーズンということで 高難度のジャンプ、曲も難解で 細かな技術もふんだんに盛り込んだプログラムに新たに挑戦した
それが 浅田陣営が考えた 五輪で戦うことだった。

一方 金メダリスト キム選手は コーチも公言しているとおり 過去4年間構成を変えていない。
曲や振付けに変更はあるが 跳ぶジャンプ、スピン、スパイラル、ステップとフリーの4分間に盛り込む内容は変わっていない
つまり 4年前にできたことを4年間かけてさらに磨きあげ 五輪プログラムを仕上げることが、キム陣営の五輪で戦うことだった

これも コーチが語っているが、キム選手のプログラムには ポーズを決めたりする場面を入れて、一息いれる箇所がいくつかある。
各要素に体力的にも余裕をもって望めるからだ。
最初から踊りっぱなし、終盤のステップの前でさえポーズ決めではなくツィズルをして 惜しみなく技術を披露する浅田選手とは対象的だ

この選択は 選手の考えであり、コーチやスタッフの戦略の取り方の違いだ
男子の4回転論争と同様、優勝する価値を、優勝者の資質を どう考えるかによると思う。

完成度が高い、、、質がいい、、、流れがいい、、、
残念ながら 今は難度よりも要素個々の出来栄と プログラム全体では難度のあること(ジャンプの入りを工夫するとか)を多くするよりも全体のスピードと流れが評価が高いようだ
加点/演技構成点を稼ぐよう作られたプログラムが 今季のルール変更で一層優位に働いてしまったと思う
キム選手に求められたのは 唯一 ノーミスに近い滑り、転倒等の大きな減点は御法度、、だけだった

ならば 浅田選手も 加点/演技構成点を稼げるように 数シーズンかけて”ゆとり”のあるプログラムを作ればいいのか。。。。

たぶん 浅田選手はそういう演技を望まない
自分の理想とする演技が 新しいこと、より難度の高いことに挑戦してそれを成し遂げることだからだ

”4回転を2回成功でもさせたのか!?”と驚かれる加点で飾られた結果の男子並みの得点は欲しがらない
出来る最高の技を成功させる納得のいく演技をして、それが正しく評価された点数がでることを望むと思う
その時は 必然的に皆が驚嘆し&納得し&賞賛する得点のはずなのだ

まずは 3アクセルの完成を優先にして跳ばなくなったジャンプを復活させること
3回転/3回転の連続ジャンプ(2回の3アクセルと一緒だと負担が大きすぎるが)をプログラムに入れることと 帰国会見でも述べている

採点ルールについては 見直しの動きがあるようです。
が、それが 追い風になるか逆風になるかは 個々の選手で違います。
はっきり言えることは どんなルール改定であっても 浅田選手は真っ正面から 向っていくだろうということ。

長いのか、短いのか、、、
新たな4年間が始まりました。

過去の浅田真央選手関連記事
08フィギュアスケートGP
09四大陸選手権
女王真央 はどこに行ってしまったのか?!
フィギュアいよいよ開幕!(09-10シーズン)
フィギュア ”負のマスコミ報道”という 敵
真央ちゃん 復活! おめでとう!
真央! 女子SPで快挙!
真央ちゃん!銀メダル&2回の3アクセル成功おめでとう!

|

« 待った7年、待っていた復活 | トップページ | 戦った相手は その1 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事