« 戦った相手は その2 | トップページ | 期待の2台! »

2010年3月 3日

戦った相手は その1

バンクーバー五輪、浅田真央選手は何と戦っていたのだろうと思う

4年に一度の大舞台、4年間待った憧れの舞台で 最高のパーフォーマンスをするために、
3回のトリプルアクセル、
観客がとっつきにくいと思ってしまう 重厚な曲 『鐘』の解釈
持てる技術を詰め込んだ間断のないプログラム
これを全て自分のものにし、ノーミスで、なにより自分が納得できる 演技を求めて戦っていたと思う

でも 戦う相手はそれだけではなかった

ひとつは 以前もぼやいたが マスコミの ネガティブ報道
五輪直前には流石に日本スケ連もマスコミを遠ざけて集中させてくれたが、今思えば既に遅しだった。
”浅田選手は 強くない”、”プログラムは良くない”、、、そんなイメージが五輪前に出来上がってしまっていた。

そして もうひとつの 戦う相手が 現行の採点ルールだった

トリノ後に変更された 採点ルール
今年の流行語になるであろう ”加点” がポイントです。
ただ トリノ後最初の2年はこれほど”加点”で振り回されることなかった。

この時は ことごとく、ジャンプのエッジエラーが叩かれた
ジャンプには アクセルのほか、ルッツ、フリップ、ループ、トーループ、サルコーという全部で6種類のジャンプがあって、それぞれにジャンプの踏切時の使うエッジ(内か外か)が定められています。
(踏切場面がスローで流れると足首が曲っているのがわかる時があります。)

ジャンプの基礎を徹底するという趣旨なのでしょうが、その叩きぶりが徹底していた。
反対のエッジを使うという明確なエッジエラーだけでなく、中立(エッジを使っていない場合含む)までも減点対象にされた
最初は修正に取り組んだ選手達だったが、不安なジャンプに神経を使って他のジャンプまで不安定にさせないために 次第にエッジエラーを起こしそうなジャンプを回避するようになる

このオリンピックで エッジエラーの言及がなかったのも そういうジャンプを選手が跳ばないからです。
浅田選手も ルッツとサルコーを跳ばなくなりました

最近2年は ジャンプのダウングレード判定の嵐です
4分の3以上回っていないと回転が足りないと判定され 1つ回転数の少ないジャンプ扱いになります。
つまり 3回転ジャンプが2回転の基礎点として採点されます
浅田選手が 今季不調と言われた一因も このダウングレード判定で 自分のジャンプを見失いそうになったからだと思っています

例えば 男子の醍醐味 4回転トーループの場合
成功すれば 9.8の得点をもらえる大技です
しかし 回転不足と判断されると3回転トーループの基礎点4.0になります(▲4.8)
回転不足だけでなく 転倒もすると 転倒の減点 ▲1.0
後述する加点(GOE)もマイナス点が付き 最悪▲3.0もつきかねません
結果 9.8のジャンプが 4.0 - 1.0 - 3.0 =0.0 と4回転ジャンプという大技に挑戦したにもかかわらず、何の得点も得られないのです。
これでは 敢えて 大技に挑戦しますか?

グランプリファイナル(09年12月)や年末年始の各地区(国内) 五輪選考まで かなり多くの選手に厳しくダウングレードはとっていました。
しかし ダウングレード判定が全選手に公平にされていないという声があったからか分かりませんが、不思議と オリンピックでは 大甘判定になりました。
ほとんど ジャンプの回転不足で減点はなかった
選手は助かったのでしょうか?
既に 判定が厳しいことを前提にプログラム修正した選手もいたことでしょうから、こういう急なジャッジ基準の変更は とても モヤモヤ感を与えます。

そして トドメは 昨年の四大陸選手権あたりから出て来た ”加点”の大盤振る舞い
ジャンプのほか全要素で 優れた演技に加算ポイントがつけられる
例えば 高さのあるジャンプ、例えば 工夫されたポジションの美しいスパイラルやスピン
良い演技は高く評価しようという考えだろうが、 基礎点と加点のバランスが余りに不釣り合いだった

(長くなったので その2 に続く)


過去の浅田真央選手関連記事
08フィギュアスケートGP
09四大陸選手権
女王真央 はどこに行ってしまったのか?!
フィギュアいよいよ開幕!(09-10シーズン)
フィギュア ”負のマスコミ報道”という 敵
真央ちゃん 復活! おめでとう!
真央! 女子SPで快挙!
真央ちゃん!銀メダル&2回の3アクセル成功おめでとう!

|

« 戦った相手は その2 | トップページ | 期待の2台! »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事