« ♪ceppo(チェッポ)のピザ | トップページ | ☆窓の格子 »

2010年3月16日

手応えと悔しさ

ミーティングで新たにセンターに合わすプレイを導入することを決めた我がチーム。翌日に練習試合をする機会を得ました。

これはいつも相手をしていただくO山田中と、大型でスピードのあるH王子七中やA多中、I川中が参加し、非常に充実したものになりました。

こちらの課題は選手らと打ち合わせをした様にハイポ+ローポの合わせを練習することで、リザーブも使いながら徹底して行いました。

最初に身長や能力が同じレベルと思われたI川中と対戦。同じレベルというのは展開は混沌としがちですが、まず慌てたのはこちらのガード陣。舞い上がり、やるべき課題を忘れてセンターを見ず、どんどんシュートにいってしまいます。

あわててタイムを取り、改めてガードの動き方とセンターに合わす時の基本体型を確認。ようやく落ちつきます。

ただ課題はセットオフェンスであっても、速攻を狙える時には必ずこれを決めることを前提としなくてはいけません。

機動力の付いてきた我がチームはとりあえず速攻を狙える様にはなりました。あとはこれを最後まで押し込めるか、セットオフェンスに移行するかの判断を素早く行い、そこで初めて今回の課題となります。

最初のI川中戦ではどぎまぎしながらベンチメンバー全員を使って課題に取り組みました。

なかなかシュート成功とまではいきませんでしたが、ゴール下でシュートを射つシチュエーションには辿り着き、ゴール下でボールを持ったセンター陣の興奮がベンチにも伝わります。

また大型で能力の高いH王子七中やA多中との対戦では相手プレスにつまづき、なかなかセットプレイの展開になりませんが、セットになればガードはセンターにボールを入れることに集中し、センターも今まで以上にボールを持ってのプレイが増えた関係で生き生きとした表情を出します。

今回の課題は昨日のミーティングでの説明だけで、全く練習をしていない状態からの実践ですから、上手くいかないのが当然です。でもその割にはチャンスメイクに結び付いていたので、コーチ(私)としては具体的な手応えを感じましたが、折角のチャンスに決められないセンター陣には悔しさが残ったみたいです。

しかし具体的な悔しさは、次の成功を生む原動力になると思うので、センター陣は下を向かず、張り切ってゴール下シュートの練習に臨んで欲しいと思います。

|

« ♪ceppo(チェッポ)のピザ | トップページ | ☆窓の格子 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

四国馬さん
コメント有り難うございます。
疲れた状態での自動車運転は危険なので気をつけて下さいね。
H7中はA先生です。伸び伸びとしていながら、高さと強さのある好チームでした。
また、A多中女子の潜在能力は高いですね。
少しでもこの2チームに近づける様に頑張ります!

投稿: 湘南兄貴 | 2010年3月18日 00:06

今週末、三送会のためだけに帰省します。

22日は、出勤のために、とんぼ返りです。(お金が無いので車で)

H王子7中と言えば、A先生だったでしょうか?

A多中女子は、恩師いわく、「能力は、関東レベルでは」。

春の大会が近づいてきましたね。

頑張ってください。

投稿: 四国のバスケ馬鹿です | 2010年3月17日 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪ceppo(チェッポ)のピザ | トップページ | ☆窓の格子 »