« ☆お試し LED電球 | トップページ | 呆れる。。。 »

2010年4月 4日

先輩から学ぶ

4月に入り、もうすぐ春季大会が始まります。

今日の練習は先週の復習がほとんどで、エンドからの速攻及びプレスダウンの確認。それとセットオフェンスの強化に関連したセンター陣のシュート練習の実践を行なった。

センター陣の課題は「ゴール下シュートを決めること」とひと言で言えばシンプルなのだが、練習から試合にシチュエーションが変わるとシュート確率が変動してしまうのが現状です。

もっとも普段のシュート練習を見ていても、現状は未だ慣れないワンハンドシュートの練習をしている状態であり、このワンハンドシュートの完成度が低い今は少し我慢が必要かもしれません。

さて、今日の練習には先日卒業したエースの玉城が来てくれました。もうすぐ入学する高校での部活に備えて来た様ですが、現役としては彼女の技術を学べる貴重な時間です。

オールコート2対3やシューティング、スクリメージなど一緒に入ってもらい、積極的に相手をしてもらいました。

玉城が現役当時、今のメンバーで試合に出ていたのは田辺程度で、他メンバーから見たら「雲の上の存在」だった玉城。しかしこれまで頑張って成長したメンバーの目には自分の知らない世界を教えてくれる存在へと変わり、ガード陣などは多くの質問などしたことでしょう。

男子チームを見ていた時には随分と卒業生達が後輩の相手をしてくれましたが、女子はなかなか来てくれないので、今回の様に玉城が来てくれると大いに刺激になります。

練習ではなかなかゴール下シュートが入らないセンター陣ですが、最近注目度が上がったせいかプレイに輝きが出てきました。シュート自体の確率は未だ低いですが、シュート本数は増えたと思います。

これはオフェンスリバウンドが多いのではなく、チャンスに絡む様になったと言うことで、これからに期待出来る内容だと思います。

明日はまた終日練習試合になりますが、課題のセットオフェンスの完成度を上げる為に「チーム一丸」となって頑張ってもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« ☆お試し LED電球 | トップページ | 呆れる。。。 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆お試し LED電球 | トップページ | 呆れる。。。 »