« #GW スポーツ観戦 in 金沢 ① | トップページ | #GW スポーツ観戦 @エコパ »

2010年5月 7日

#GW スポーツ観戦 in 金沢 ②

昨日の記事の続きです

金沢で開催された ジュニア・ユース選手権(長距離)
我が家の一番の注目は やはりジュニア男子5000M

出場資格が学年ではなく 生年月日なので、高2年生から大2年生までの名前がスタートリストに並ぶ

高校2年生では 1年時から強豪 佐久長聖高のエースの両角駿選手

高3では 世代トップで1週間前に13分台の自己ベストを出したばかりの 西池和人選手(須磨学園)
今年はどこまでレベルアップするのか 非常に楽しみな選手
そして、ライバル校西脇工のエースで 西池選手の好敵手 新庄翔太選手

個人的に黄金世代と思っている 今年の大学ルーキー世代からは
入学早々 13分47秒の自己新を出した 大迫傑選手(早大)のほか 東洋大から多数エントリー

一番年長の大学2年は 昨年大学長距離界の話題のルーキーだった 村澤明伸選手(東海大)

村澤選手、大迫選手、両角選手という歴代佐久長聖高エース対決も面白いし、 
昨年の高校長距離レースで何度も対決のあった 大迫選手 vs 西池選手も興味深い
なにより、『村澤選手に憧れる』と公言する 西池選手と村澤選手との直接対決もある!!

エントリーを眺めながら 空想は広がるばかり、、、、

ところが、 スタートラインに立ったのは、エントリー17名中 9名
村澤選手も大迫選手も新庄選手も両角選手も DNS
一方、スタートリストに名前のなかった 東洋大 設楽啓太選手の姿がありました

レースは 1000M過ぎで 東洋大ルーキー 設楽啓太(No.4)、悠太(No.6)兄弟と 西池選手(No.3)の3人の争いに
スタート直後は集団最終尾の位置にいた 弟 悠太選手は 積極的な走りで 中盤トップでレースを引っ張る。
しかし3200m付近からジワリと遅れ始め、 兄啓太選手と西池選手の一騎打ち。

Dsc_4549

何度か啓太選手が仕掛けるが、西池選手が離れず、最後は4800m付近でラストスパートで飛出した西池選手が優勝。
ベスト更新にはならず 14分03秒45

西池選手としては珍しく 3000M付近からかなり険しい表情
一方 啓太選手も故障が噂されていたので、最後まで どちらに軍配が上がるかわかりませんでした。

西池選手は、そんな苦しい中でも ピッタリ先頭をマークして離されない我慢のレース
啓太選手の数度の揺さぶりにもしっかり対応して、最後に得意のスパート
また一段と強くなった気がします。
今年は 『速さより強さが目標』ということで、夏のインハイに向けてどんなレースを披露してくれるのか、、、追っかけたいが、流石に兵庫は遠い。

設楽兄弟は その体つきが大きくなったのに 驚き
特に 啓太選手は 去年(09年)のひろしま駅伝(実質全国デビュー)の華奢な感じは全くなくなり、走り方も凄く安定してきました。

二卵性双生児の設楽兄弟は、随分顔立ちも体つきも、そして走りのスタイルも随分違ってきています。
今回は 後半遅れてしまいましたが、弟悠太選手も 兄とは別な持ち味で東洋大の中心選手になりそうな予感です。
なにより ほとんど故障しないところが いいですよね〜
有力1年生の多い 東洋大ですが 関カレエントリーあるかな??
 

今回の金沢旅行関連記事
金沢といえば…
加賀棒茶 と 森八茶寮
#GW スポーツ観戦 in 金沢 ①
#GW スポーツ観戦 in 金沢 ②
金沢市立 安江金箔工芸館
♪近江町市場の山さん寿司
カウンターでも侮れない!

|

« #GW スポーツ観戦 in 金沢 ① | トップページ | #GW スポーツ観戦 @エコパ »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #GW スポーツ観戦 in 金沢 ① | トップページ | #GW スポーツ観戦 @エコパ »